バウアーハウス in 丹沢

先週末、キャンプに行ってきました!場所は丹沢。バウアーハウスってな、以前にいったマウントブリッジキャンプ場の近くの、オートサイト料金、8400円のセレブオートサイトに宿泊!

http://www.bowerhouse-japan.com/

で、セレブかどうかですが・・・・

f0114184_23285736.jpg


あれ~別に普通のキャンプ場となんらかわりませんねえ・・・・

f0114184_23293030.jpg


洗面所は清潔だし~

f0114184_23294890.jpg


トイレもウォッシュレットつきの洋式トイレ。掃除は行き届いてます

f0114184_23302682.jpg


洗濯機もあるし~

f0114184_23595199.jpg


無料でたたみマットを貸してくれるので、非常に寝心地はよかった!やっぱマットしくと違うわ~

f0114184_23314964.jpg



でも、サイトはただの砂利交じりのサイト。別に電源や洗い場がついてるわけでもない、何の変哲もないフリーサイトに近いサイトですわ。炊事は炊飯棟で。

なのに、なぜこんなにもサイト料が高いのか!それは、これにつきるのか?

f0114184_233331.jpg


こちらのキャンプ場、炊飯棟、トイレ、風呂、全ての下水を浄水処理して、川に流してるんですね。だから、風呂場でも備え付けの石鹸しゃんぷーのみを使うようにお願いしてるし、炊飯棟でも、備え付けの石鹸洗剤で洗うよう指示してます。ごみも分別をしっかりしなければいけないけど、全て捨てていけるし、全体的に施設は清潔で使いやすいし、とってもよいキャンプ場とは思いますが・・・・8400円払ってまでここにこだわるか・・・?と聞かれると困るかもね~

ちなみに、キャンプ場横には、前回のマウントブリッジと同じく、川が流れてます。

f0114184_23354194.jpg


さっそく、友達をみつけて、共に遊びまわるふみなり。ほんまに、人懐っこいやっちゃな~ひとつ年上の小3の子でしたが、ふみなりと同じく、虫好き、川遊び好きの、いかにもキャンパーの息子って感じでした(笑)


f0114184_2337548.jpg


今回、実は日曜がくもりのち雨の予報だったので、山の天気はぐずつきやすいし、夜に雨が降り出したときように・・・・・と、初めて、タープの下にテントをはってみました!!このために、わざわざ買ったのよ、ビッグタープと、280センチのポールをね!!!モンベルのタープに、スノーピークの太いポールですわ~

f0114184_23382186.jpg


ポールで遊ぶ、ちびたち~

f0114184_23384535.jpg



わざと高低差をつけて、雨がふってきたときに、低きに水が流れるよう工夫してはってみました。280センチポールはさすがに高い!ゆうゆうとテントをまたいでますね~♪

で、ここまで頑張ったのに、結局雨はふらずじまい~残念なような、よかったような・・・・雨をおそれて、朝から早々にみなテントをたたんでたんだけど、11時ごろに、ばらばら~っと大粒の雨がふってきてた。これなら、普通にキャンプ場に10時ごろまでいればよかった・・・でも後の祭り。日曜は9時ごろにはキャンプ道具撤収してました~

ちなみに、土曜の夕飯はこちら

f0114184_23414094.jpg


まいどおなじみバーベキュー。それも、冷蔵庫からもってきたものばかり。つまり、こだわりの食材ではない!

f0114184_23421527.jpg


我が家のお気に入り、98円/g のオージー牛たたき肉。 またもや焼きました。やっぱりうまい~♪

f0114184_2343660.jpg


もってきた肉が上記のオージービーフだけで、子供も親も食べたりないので、オムレツ焼いたり~

f0114184_23433794.jpg

朝食に?と思ってもってきた、白神こだま酵母のソフトフランスパンもスライスしてバター(チューブのやつをキャンプでは愛用)をちゅぷっと入れて、アルミホイルで包んで、焼いた~

f0114184_23444055.jpg


外はぱりぱり、中はバターでジューシー!これはいいね~今度から、絶対に残り物のパンをもっていこう!

f0114184_23451311.jpg


さらに食べたりないので、いちおうもってきたホットケーキミックスで、ホットケーキまで焼き始めました~

子供たちも、今回はえらい食べたわ。17時前から食べだして、19時ぐらいまで、2時間ぐらいかけて、ゆ~っくり焼きながら食べたので、ビールが進む進む!ひとりで500ml缶、3本ぐらいをあけてしまったぽっちりでした~

f0114184_23464995.jpg


しいたけの炭火焼にすだちとポン酢。最高の組み合わせ~

ちなみに、ぽっちりがかぶってる、キャップ。ただのキャップ帽ではありませぬ。高級素材、世界一?の防水透湿性をほこる、ゴアテックスでできたキャップ。これ、すんばらしい~わよ。全く蒸れないの。普通、キャップ帽かぶって、テントやタープ設営して、炭火おこして・・ってしてたら、頭の中はむれむれなのに、ゴアテックス恐るべし!なんといっても、5000円ぐらいしてますから。にのののののののんとおそろいで買ったのだ~♪

f0114184_23493835.jpg


今回ももちろん焚火を楽しみましたよ~ マシュマロもがんがん焼いて、焚火で花火もして(笑) バケツを忘れたけど、花火の燃えカスはそのまま焚火で焼くという、なんともエコ(?)な処理の方法をしました~

前に住んでいた某市のキャンパー友達の間で、ぽっちりの火おこしのコツの話題になるときがあるらしいのですが・・・

f0114184_23512541.jpg


ぽっちり式のコツは、ずばり、チャコスタ(三角形の火おこしようの器具)、着火剤、薪(まき)です。

着火剤は、ぽっちりが一番好きなのは、ココヤシの素材みたいな真っ黒の塊のやつが好き。ちゅーぶのゼリーみたいなやつも火力強いけど、持続性で、ココヤシ炭みたいなやつが好き~

で、チャコスタの底に着火剤→炭どばっ!→ 薪をつっこむ →チャコスタ上部に着火剤 →点火 これでだいたいは

f0114184_23542243.jpg


こんなんになります~ ポイントは薪。まきというのは、細いほうが着火しやすく、太いと着火しにくい分、持続力がある。ぽっちりも焚き火用に、まきを購入するようになって久しいですが、それぞれのキャンプ場や、ホームセンターによって、その細さはまちまち。2種類を使い分けると、より、着火しやすさ、持続力などが調節しやすいですな。で、チャコスタで火おこしするときはやや細めのものでチャコスタ底から上部までをななめに突き刺すように薪を配置すると、より多くの炭がまきの火でおこされ、全体にスムーズに炭おこってくる・・・という感じです。

社宅のHさん、Uさん、これがコツですよ~ん

f0114184_23585031.jpg


ちなみに、朝食は手抜きにもほどがありますが、ダッチでチキンラーメン(笑)もちろん、カセットコンロで。最近、キャンプ飯がどんどん手抜きに~


ともあれ、バウアーハウス、こじんまりとしていて、なかなかいいキャンプ場ではありました。お風呂がよかったね~もちろんお金はとられんだけどさ。でも高いぞ!
[PR]
by pukapuyajiri | 2009-09-02 00:00 | キャンプ・旅行
<< 実は螺旋骨折 月9!!!!! >>