「隣人13号」 小栗旬・中村獅童 W主演

昨日、ツタヤで色々借りてきました。全部旬くんものですo(^-^)o

ごくせん(ドラマ)2本

花より男子(1)

ウォーターズ 旬君主演の映画

隣人13号   


の5本です。最初は花より男子のドラマDVDは、借りる予定でなかったのですが、旧作だと5本借りるとかなり安くなるので、友人ママさんで、見たいのにいつ行っても、レンタル中で~と言っていた方に貸してあげようと思い借りました。

明日はラジオもあるし、金曜はドラマ、それ以外は、旬君DVDでウハウハですわ。うぴぴ。


まず見たのが「隣人13号」

いじめられっこの村崎十三(じゅうぞう)は、小学生時代にひどいいじめをうけていた。あまりに凄惨ないじめの数々・・・それ以来、十三は心のなかにもうひとりの人格をもつようになる。どれが凶暴な性格の13号。そして仕事場で自分をいじめた張本人、赤井に出会ったことで、凶暴な13号が臆病な十三を徐々に支配するようになり、次々と殺人を犯していく。そして目標は赤井、およびその家族への復讐・・・!

というストーリー。原作は井上三太という、人気漫画家の同名の漫画。旬君は、この原作者の大ファンで、映画化されるなら、どういう形でもいいから、出演したいなあ、とマネージャーに言っていたら、主役の村崎十三役がきてびっくりしたとか。

http://www.talent-databank.co.jp/interview/200503/10.html

http://www.wowow.co.jp/movie/movie_top/report/3412.html

映画の感想としては、なかなか秀逸でしたよ。

他のみなさんのレビューを読むと、グロイとか、見てて不快になるぐらいの殺人シーン、とかあるのですが、別に、そんな血まみれになるわけでもなく、私はグロイとは思わなかったです。

一番のみどころは、13号役の、中村獅童さんのきれっぷり!すげえ~!

本人が、「好青年の自分のイメージが壊れるから(←?)見ないで」と冗談交じりで言ったぐらい、狂気の13号を演じてます。特殊メイクうんぬんでなく、彼の瞳は本当にこの世のものとは思えないほどの切れっぷりでしたわ。はい。殺される子供がびびってる様子は、演技でなく本気だったでしょうねえ。涙流して怖がってました。あんな近くでいくら演技中とはいえ、こわい人に殺されそうになったら、まじで悪夢にうなされそうだもんねえ。

で、マイラブ旬くんですが、気の弱い主人公を演じています。まあ、中村獅童さんのインパクトに比べると、そりゃあまあ弱いのですが、そういう役柄だし仕方ないわさ。彼の内面をあらわす、荒野の中の一軒屋に全裸で座り込んで、いじめられていたときの辛い思い出ばかりを思い出して、苦しんでいるシーンが何回かでてきます。その小屋から出て行くのが、実際の彼を支配している人格なのですが、13号と十三が裸でテクノダンスを踊るシーンは、本当に印象的でした。旬君の裸もきれい~♪♪

「チューボーですよ」で彼が言っていたのですが、監督になるべく人間っぽさを出したくないので、下の毛をそってくれ、と頼まれたらしいのですが、「男として、それは絶対嫌だ・・・」と断り、当日は全身に油を塗って、一日中全裸でこの撮影にのぞんだらしいです。で、肝心の部分には前貼りをはって、隠してるんだけど、油をぬってるから、はがれそうにもなってくるし、一日中鬱々と、いじめを思い出して苦しんでいる、役柄もあいまって、もうひとりの自分が「おいおい、おまえ、 なにやってんだよ、変に隠してないで、いっそ全部出しちまったらどうだ」とか、声が聞こえたりして、泣けてきたらしいです。「チューボーですよ」では、笑い話として「もう、本当にかわいそうなブロッコリーって感じでした(←いけてる!)」と旬くんは言ってましたが、映画ではその鬱々感がよく出てましたよ。

上記のインタビューでも彼は言ってましたが、テンションがあがってきたところで、13号の中村獅童さんと交代なので、フラストレーションのはけ口がなくて困りましたとのこと。納得。

ラストのシーンは、ちょっと??と思いましたが、よくよく考えてみると、こーいうことが伝えたかったのかな・・・・と一応自分では結論がつきました。殺人をものともせず、きれまくっていた13号を押さえ込むことに成功したきっかけが、結局はいじめっこからの謝罪であった・・・いじめられていた人間が欲しているものは、結局、自分をいじめた人間が本当にあんなことをして悪かった・・・という真摯な反省なのかもしれない、と思いました。

まあ、実際のところ、あんな旬くんみたいにかっこいい青年だったら、過去なんか気にせず、いくらでも楽しい人生が過ごせると思うのですが・・・・

さーて、明日はラジオ。木曜はイケメンホストに旬くんが扮する「ウォーターズ」を見ましょうかね。うぴょぴょ、楽しみ♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-03-14 00:58 | 小栗旬
<< ハイフェツの「ツィゴイネルワイゼン」 ハニーブレッド >>