観劇マナー

きたる7月3日(火)には、旬くんの出演するドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」が始まり、蜷川幸雄さん演出のシェークスピアの舞台「お気に召すまま」も、もうすぐ始まります。

旬くんは、本当に稽古に、撮影にと超多忙な日々を送っていると思うのですが、ぽっちりがいつも遊びにいかせていただいている、ブログ様で、このようなメッセージが出ております

http://blog.so-net.ne.jp/so-happy/2007-06-24;jsessionid=8B0C482AC2E71B0E080B18A5D828F907


要するに、旬くんは、本人の気持ちとは裏腹に、花より男子2の花沢類の役で、アイドル的な人気を博してしまい、その結果、春に撮影していた「クローズゼロ」の映画撮影時も、ミーハーで非常識な一部のファンの行いのせいで、撮影に支障をきたしたり、プライバシーも尊重してもらえなかったわけです。

具体的には、映画の撮影フィルムが回っている状態で、携帯でフラッシュ撮影を何度も行ったり、私語をやめない。。。。などなど。スタッフの再三の注意にもかかわらず、こういった行為がやまないので、「小栗旬のファンは、マナーがなっていない!」との声が大きくなったほどだそうです。


でまあ、もうすぐ舞台が始まるわけですが、私もミュージカルや宝塚をのぞくと、観劇は初めて。でも、最低限のマナーはわかりますよ。

・携帯は当然オフにするか、マナーモードに。

・客席をも使用して役者さんが芝居をする場合、その役者さんに手を触れない

・アンコールの最中に席をたたない(まあ体調が悪いときは仕方ないですが)

・ファンミーティングじゃないんだから、芝居中に「旬くん~!なり~!」などと、声をかけない


旬くん含め、役者さん、現場のスタッフのかたがた皆が、観客に素晴らしいシェークスピアの世界に誘おうと努力してくださるわけです。私たち、観客も、その思いを感じ取って、役者さんたちにとっても、素晴らしい舞台をつくりあげることができた!と思ってもらえるような空気を作りたいですね。
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-06-26 12:07 | 小栗旬
<< イケパラ製作発表 やりすぎコージー見れた! >>