イケ♂パラ 第3話 感想

今週もやってきました、りの君 イケメンパラダイス♪

もうね~サービスショット満載でしたね。旬くんのお着替えシーン、2回も入ってるし~!(;´Д`)
 なんて素敵なのかしら、あの引き締まったお腹にすりすりしたい~!でもそれはかなわないので、だんなを呼び寄せて、ちょっと彼のお腹を眺めさせてもらいました♪ 同じポーズをとらせたら、細身のにののののののんでも、ちょっとお腹にたるんだ皮の部分ができちゃったんですよ。うちの、にののののんは細身で、引き締まってるというよりは、すんなりとした体型なので、そのたるんだような皮が気になって、

「あれ?お肉?」

といって、皮をつまんだら

「お~の~れ~に言われとうないわ~!!!!」

といって、私のお腹の肉を両手でわしづかみにされて、ゆさゆさ揺らされたあげく

「ビリーザブートキャンプ」に入隊したらどうじゃ~!?」

と突っ込まれてしまいました。


ドラマの感想とは違う方向に話が行きましたが、とにかく、今の旬くんは引き締まってます!ええ体です!たまりまへん!というわけで、感想いきます~ フィギュアネタで疲れてるので、さくっといきます~


・お兄ちゃんがアメリカに連れ戻しにきたのをしって、急遽女の子の格好に戻って、兄ちゃんを出迎える瑞稀。可愛いねえ♪

・兄ちゃんにあいさつするときに、さすがバリバリのゲイ!と言い切るだけあって、怪しく握手をする上川隆也さん演じる保健の先生。いいキャラになってきてますね~

・瑞稀にどきどきする自分にとまどっている中津@斗真が、しげしげと見つめている牛乳パックにあるのは「ホモ」の単語。直球勝負で笑えました!山本くんと同室だったのね、斗真くん♪

・瑞稀が女である上に、自分のせいで佐野がハイジャンプをやめたことにすごく責任を感じて、日本に来たことを知った佐野泉@旬くん。あいかわらずクールな表情ですが、細やかな演技で、ゆれる思い、葛藤などを演じてました。旬くん素敵~♪

・とにかく、コメディーの要素として色々としかけてあるのが面白いですね。斗真くんが、女物の下着に興奮する自分に、「おれはホモじゃない!女が好きなんだ!」と喜んで、歌を歌っているのが、すごくウケました。


・佐野の思い、瑞稀の思いを理解したうえで、アメリカに帰ったお兄ちゃん。「佐野くん、弟をよろしくな」のメッセージを読み、佐野が自分のために兄を説得してくれたのか?と喜ぶ瑞稀に対する対応が、今までよりかなり柔らかくなっていて、今後の展開がますます楽しみに♪

だって、今のままじゃ、佐野くんが、ちょっとひねくれすぎて、暗いし、性格悪いんだもの~!早く、明るく、優しくなっておくれ・・・ってそうなるのは最終回のころだったりして。



ドラマを見ている最中に、珍しく早く、にののののののんが帰ってきたのですが、気にせず

「旬く~ん♪ なんて素敵なの? あっ脱いだ~!おお~たまらん~!」

などとぶつぶつ言いながらドラマをみている妻を目の前にして、彼が言い放った言葉

「いやあ、楽しそうでええですなあ・・・」

彼の優しさがにじみでてますね。もうすっかり諦めの境地に達せられたようで。

これからも、育児、家事、パン作りのかたわら、小栗中毒症まっしぐらです!さあ、明日はラジオ。ばっちり体調を整えて、夜中1時からのラジオに備えないと駄目ですね。。忙しいわん♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-07-18 01:40 | 小栗旬
<< カフェロール Dream On Iceの放送... >>