『お気に召すまま』 感想

25日、26日と渋谷のシアターコクーンにて行われている、蜷川幸雄演出、成宮寛貴、小栗旬主演の舞台、「お気に召すまま」を2夜連続で見てきました!

25日はこちらのブログで知り合った方と、観劇前におしゃべりを楽しみ、席は別々だけど一緒にコクーンへ。26日は中学生からの親友とともに観劇しました。


もうね~最高!!すんごく面白かった、楽しかった!


f0114184_164453100.jpg



25日は私にとって歴史的な日ですね!初めての舞台鑑賞(ミュージカル、オペラは除き)の日であり、初めての蜷川舞台を見た日であり、初めて、小栗旬を目の当たりにした、記念すべき日ですよ!

初めて見る旬君の素敵なこと!長身痩躯だけど、鍛えられた美しい肩や腕の筋肉がありありとわかるし、顔もちっちゃいし、足は長いし・・・とにかく美しい青年でした。

そして見ため以上に、感服したのが、演技ですね。旬君の声はとても素敵なのだけれども、舞台で聞くには少しハスキーなのかな?って思ってました。でも、よく通る声を出していたし、場面の中で、成宮くん演じるロザリンドが男装しているギャ二ミードに、だだっこをあやすように

「じゃあ、またね~ かわいいロザリンド~」

と語りかける場面があるのですが、そういうやさしい言い方のせりふも、ばっちりマイクなしで観客席まで届いてましたよ。舞台の俳優さんの声って、本当にすごいですね。ちなみに、1日目はかなりいい席で、俳優さんが良く通る通路にも近い、1階席。二日目は2階席の前列部分の中央だったのですが、どちらもせりふはばっちり聞こえました。

☆追記 「そうだよ~かわいいロザリンド~」でした

オペラグラスで、顔の表情を凝視していると、ロザリンドへの熱い想いがほとばしるせりふのときには、目に涙がたまっていたし、怒っているとき、悲しいとき、いついかなるときも細かい感情表現の演技をし続けていて、初日はとくに、ひたすら旬君をおっかけて見ていたのですが、本当にオーランドそのものになりきっている、素晴らしい演技だったと思います。


そして、二日目には、旬君ばかりでなく、他の役者さんや、様々な小道具などにも注目して見ることができました。以下、初日は旬君に目を奪われたけど、二日目に発見できた、ちょいと細かな注目ポイントを書いておきます。このあと、初めて舞台を見に行かれるかたは、ご参考までに


・レスリングが始まると、いろいろな技の応酬がありますが、おたがい寸止めして、相手を傷つけないよう頑張って、それでいて顔は痛そうにゆがめたり、力をこめている演技をしている。旬君の最後の決め技は鮮やか~

・アーデンの森で、元公爵の配下たちが食事の支度をする場面。ほんとににんじんやじゃがいもの皮を、ナイフでむいている人もあれば、なにか小動物の毛をむしるような動作をし続けている人もいる。あれはスープになるのかな?(笑)

・かわいいかわいい、羊のメイちゃんですが、日によって、手足のばたつかせぐあいは違います。26日は、やたらと前足をくいくい動かす動作をしてくれて、会場は「カワイイ~♪」とうっとりだったのすが、そのひは道化師タッチストーンが

「いいよな~おまえは、ちょっと動くだけでみんなを笑わせれてさ」 とアドリブでせりふを加えてました♪

・タッチストーンの恋人、オードリーのことを好きなウィリアムくん。せりふは少ないし、あんまり存在感のない役柄ですが、最後のほうで、4カップルが今から結婚式をあげようとしているときに、なにげに木の影に隠れて、くやしそくに結婚式の様子をながめています。よっぽどじゃないと、そこまでオペラグラスで見る人はいないだろうに、しっかりと表情つくってましたよ♪ちなみに、ロザリンドがいつくるか、とそわそわして木に登って遠くをながめている旬君をオペラグラスで覗いていて発見しました。


・旬君が舞台で見に付けているピアスはなんと私が購入したピアスじゃないですか!!!あ~ん一体感・・・♪しかし、雑誌の撮影などだけではなく、舞台にまでつけるとは、本当にお気に入りなんですね。ええ買い物しましたわ、ほんまに。

・カーテンコールの回数は日によってすこし違いますね。旬君の投げキッスの回数も、26日は多くって、5回ぐらい連続でしてくれて、もう腰砕けでした!


その他、書きたいことは山ほどあれど、あまり書くと、これから見に行く人がつまんなくなるかもしれないのでこのへんで。

とにかく、主要なキャストの方はみな、とても素晴らしい!演出も、照明も、すべてがすばらしい舞台を彩ってくれていました。想像以上に、面白くて、すっかり舞台にはまってしまいましたわ。秋のカリギュラ、3月の藤原竜也くんの身毒丸と、絶対に見に行きたいと思ってます。

あ~どんどん、貧乏になっていく・・・でもね、お金以上に素晴らしく幸せな時間がすごせました。黒髪オーランドが目に焼きついて離れません。世界で一番魅力的な男性でした♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-07-27 17:21 | 小栗旬
<< 家元撃沈 ホシノ天然酵母で焼いてみた >>