戻ってきました!

ジャージの旬くん。最近ドラマでもジャージばっかりですが。こんなにジャージが似合う青年はいないよ!はう~ん・・素敵・・・(;´Д`)

f0114184_1353664.jpg


数時間前に、長い、長い帰省から帰ってまいりました。

思えば、自宅を出たのが7月25日。初めて見る、生の旬くん、生の蜷川舞台に心をときめかせ、新幹線に乗り込みました。ちなみに、3人の子供たちは、一足早く、だんなさまのご両親に連れて行ってもらい、ひとりで東京に向かったんですよ。。。今となっては、すごく昔のことのように思えます。。

7月25日、26日と、どちらもソワレ(夜公演)で、渋谷のシアターコクーンにて「お気に召すまま」を観劇。本当に良かった~♪

25日は、ブログで知り合った栞さんと、26日は中学からの親友とコクーンで観劇。人間関係の面でも、非常に有意義だった東京遠征でした。

7月28日には、だんなさま、にののののののんの実家の奈良へ移動して、子供たちと感動の再会・・・となるはずが、子供たちは優しいおじいちゃん、おばあちゃん、そして同居しているだんなのお兄さん(未婚)と、しっぽり楽しくやっていて、「ママがいなくても、全然寂しくなかったよ!」とのこと。へいへい~全然、ママっ子じゃないんですよ、うちのちびたち。唯一、真ん中の、らぶりー綾音ちゃんだけが

「ママ~どっか行ったらやだよ~。寂しかったよ~」

と、寝る前に言ってくれました!感動~(ToT)

でもね、これぐらい、ママべったりでなくて、じいちゃん、ばあちゃんが大好き子供たちだからこそ、3人もだんなの実家に預けて、単身、東京に芝居見物なんぞに行けるわけですよ。ママっ子じゃない、わが子供たちに感謝!


奈良でがっつりお世話になった後、私の実家に移動したのが8月2日。私の実家は、まだ父も母も家で仕事をしているので、だんなのご両親様ほど、孫中心の生活は送れない。でもそのかわり、私の実家には、素晴らしい特典があるのです!それは

3人の従兄弟たちo(^-^)o

うちの兄のところにも、全く同じ年頃で、それも性別までうちと同じ、男(6歳)、女(4歳)、男(1才)の子供たちがいるのです。したがって、実家で兄家族たちと合流すると、ちびっこ6人という凄まじい状態になるのですが、これはこれで、子供たちはすごく楽しそう!というか、楽しいでしょう、これは。はっきりいって、6人が集まると、家はおもちゃだらけになるし、散らかるし、ご飯を食べさせるときも保育園状態で、えらい大変ですが、少子化のこの時代、これはこれで得がたい宝物だろうな、って思います。

というわけで、だんな様の実家から移動するときは、「え~奈良から離れたくない~」というモードにいつもなるのですが、そのかわり「あっ、そう。じゃあ、○○くんや、○○ちゃんと遊べなくてもいいのね」というと、「あっ!行く!行きます!やった~!」

となるわけです。よかった~兄家族が実家の近くにいて♪


でまあ、6日には、子供たち6人を、数日間休みをとって、私の実家に来てくれただんなのにののののののんんと、じいちゃんばあちゃんに託して、私と兄嫁でアーデンの森へ行ってまいりました。

本当に感謝、感謝です。にのののののん、おとうさん、おかあさん、ありがとうございました~!

おかげさまで、兄嫁もすっかり夢の中に入ってしまい、

「旬くん、むっちゃかっこいぃ・・・お話してみたい・・・!」

と、完全に旬くんにハートをぶち抜かれておられました。ふふふ、連れて行った甲斐があったわ(*≧∇≦)


とまあ、長い帰省から戻ってきた私たち家族。私の観劇だけでなく、子供たちも双方のじいちゃん、ばあちゃん、いとこたちとたっぷりと触れ合って、本当に楽しい夏休みを過ごすことができました。

残る夏休みは、幼稚園の預かり保育なども利用しながら、自宅近くでゆっくり過ごしたいと思ってます。といっても、キャンプには行きますがね!足もだいぶ回復したし。

さあ~とりあえず明日は、片づけがいっぱいだ!パン作りも頑張るぞ~
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-08-08 01:58 | 小栗旬
<< 携帯ストラップゲット! アーデンの森へ再び・・・・ >>