花男ファイナル見てきました!

いやいやいや~ 良かったですぅ~ ハッピ~エンドでした~♪♪

詳しい内容はまだ見てない方もいらっしゃるでしょうし、書きません。でも、後でネタバレ注意な感想をちょろりと書きますので、見たくない方は、この後出てくる★★★マークから下は読まないでくださいね♪

ちなみに、今日は11時半~15時半までバイトしまして、しっかり汗もかいて、心地よい疲れの中、夕暮れ時に電車にのって映画館へGO!

今日はね、一人で見に行きました。来週土曜には例によって友人の奥様ズとレイトショーツアーに出かけるのですが、それまで待てない!類~!って感じなので、今日見に行ったわけです。
ちなみに、だんなさまと子供たちは、近所の食堂つき温泉浴場へ行きました♪ ママがいなくても、パパさえいればご機嫌!な子供たちに感謝感謝♪ おっつ! もちろん、快く映画にだしてくれる優しい優しいだんなさまに、感謝の嵐です~!!!!好きよ~ちゅっっちゅっ!♪

f0114184_2237178.jpg


映画を見て、つくしと道明寺のピュアな愛、相変わらず素敵すぎる類や,愛すべき花男メンバーの大団円の幸せの余波に酔いしれながら向かったのは、映画館の階下にある白木屋。いわずとしれた居酒屋です。

ええ、ええ。ひとり居酒屋ですけど、何か?(笑)


注文したのは、沖縄産の泡盛の水割り。イカのオクラ和え。鳥ももの串焼き(塩味)。ついてきた突き出しは、ひじきと枝豆のマヨドレ和え。

おっさんですか?すみません(笑)


ひとりで泡盛を飲みながら、花男のパンフレットを読み、見たばかりの映画の内容や映像を思い出しながら、ゆっくりと時間をすごせて、非常に満足でございます!この時間をくれたパパ、ありがとう~♪♪

ちなみに、電車で帰ろうと思ってたら、温泉帰りのパパが迎えに来てくれまして、予定外に車で帰れることになりました。で、映画がらみで聞いてみたんですね。

「ねえねえ、パパの夢ってなに?」

「う~ん、ぽっちりさんと死ぬまで楽しく過ごすために、会社の仕事もがんばって老後の資金を稼ぐ、って感じかな」


おおお~こりゃあすごい!感動!(笑)

花男ファイナル見た人ならわかりますが・・・ねえ、なかなかの回答でしょ!?
私は幸せもんです!

さてさて、以下は若干のネタバレを含みますので、ファイナルをまだ見てない方は気をつけてくださいませ!


★★★★★★★★   ネタバレ注意!   ★★★★★★★★★★★

























一言で言うと、幸せ~な気分になる映画でしたね♪特に気に入ったのは、やっぱり原作でも大好きなあの場面。

「道明寺の夢ってなあに?」

「もうかなった。。。。。。。愛してる、つくし。。。。」



くわ~!たまりまへ~ん!!!!

パンフにもあったけど、その映像といい、松潤のつくりあげた体といい、表情といい、もう最高!でしたね。


正直、原作のイメージでいくと松潤は細すぎる、華奢だし。でも、あのときの体はよかった。細いけどちゃんと筋肉もついてて、リターンズの雨の日のシーンのストレートになる髪が、あまりの豪雨に、かっこいい!という範疇をこえていただけに、今回の海のシーンでのあのストレートヘアーの道明寺は最高によかった!

断然、花沢類が好きな私だけど、あのシーンの松潤、もとい道明寺の美しさにはがっつりハートをもっていかれたわ~♪♪♪♪


しっかし、謎の紳士ははっきりとは口にしなかったけど、やっぱ道明寺のお父さんなのかな?そんでもって、どんだけすごいところが住処やねん!(笑)東福寺でっせ(笑)

エグザイルのAKIRAさんもすごかったね~ あの動き、体のキレ。今までエグザイルのボーカル以外は、全然目にも入ってなかったけど、これからはちゃんと目にはいってきそう♪


類は・・・やっぱ、あの白いVネックのカットソーに、ジーンズが最高に似合ってた♪ 映画館だから叫べなかったけど、家でDVDをみてたら絶対に

「きゃう~ん!類~♪♪♪ 会いたかった~♪ かっこいい、かっこよすぎる!たまらん、そのまなざし、視線の落とし方、しゃべり方、すべてが好き~♪」

と狂ってたはずです(笑)

改めて小栗類をみると、目をばちっと見開くことが少ない。つねにまどろんでるような、優しげな目の細め方。クローズの源治みたいに、目をかっと見開くことがないんだよね。旬くんの目力ってすごいんだけど、それだけに目を細めたときの優しげな雰囲気もこれまたものすごい魅力、ってことよね♪

ただね、やっぱ体は大きくなったよね~。道明寺と香港でふたりで並んで座るシーン。華奢な道明寺の横にすわる類の大きな背中が・・・

「類・・・こんな大きな広い背中になって・・・・」

となんかしみじみしちゃった。もう花男1のときの少年の風情をのこす類はいなくて、やっぱり旬くんが成長するのと同じように、花沢類も大人にならずにはいられない、って感じで。

相変わらずの類の部屋。窓辺で光合成してる様子が、そんな子供な自分に別れをつげなきゃいけないな~、と思っている類の気持ちとあいまって、なんか切なかった。

美作あきらも、西門総司朗も、1のときとは比べ物にならないぐらいいい男!確かに、阿部くん、セクシーな感じになってたねえ。アクションもばっちりだったし♪双子の姉妹も相変わらず可愛かった~♪


最後の結婚式でのキスシーン。パンフにものってたけど、旬くんも認めた「最高のキスシーン」というのがわかる!

すごいよかった~♪ あんな素敵なキス、だんなとはもうできないな~(笑) 初々しい、ほとばしるような、相手を愛する思いがあふれたキスだったよね。だんなのことは好きだし愛してるけど、あんな初々しい、見てるだけで微笑がこぼれるようなキスは無理じゃ(笑)


そして、原作後、私もこんな感じかな~って想像していた、つくしの夢でもある道明寺とつくしの愛の結晶ができたことを告げられた大喜びする道明寺のシーン。

本当にこれを見れて良かった。リターンズの後はどうしても、ふたりの行く末が気になって、二次小説ともいわれる、ふたりのその後を勝手に想像して創作した小説をのせている人たちのサイトをのぞいたりして楽しんでたんだけど、実際にちゃんと映画で真央ちゃんと松潤がその様子を見せてくれた。本当に、余は満足じゃ~♪♪♪



次回は来週土曜!楽しみ楽しみ♪♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2008-06-29 23:18 | 小栗旬
<< 6月減量報告 ごくせん最終回 >>