週末キャンプ!

さてさて、お料理ネタの次は、キャンプネタ!この週末も行ってきました~。週末キャンプ。行き先はお手軽に、東広島にある「憩いの森公園」です。こちらは3度目なんですが、なんといっても素晴らしいのが、チェックインは土曜の朝9時から、チェックアウトは日曜の17時なんですよ。普通はキャンプ場だと、チェックインがせいぜい早くて12時から、遅いと14時や15時。チェックアウトは早いとこだと10時とか、だいたいは12時とかだけど。

でも、キャンパーとしては週末1泊キャンプであればなおさら、朝早く現地にいってテントをたて、日曜はなるべく最後までキャンプ場ですごしたいんですよね。まさにその理想のチェックイン、アウト時間なキャンプ場がこの憩いの森公園!

f0114184_193284.jpg


まいどおなじみの光景ですが、こちらが憩いの森公園のオートサイト。電源つき流し台と野外炉がついて1泊4800円ほど。東広島市内の人は少し安いみたいですが。広さもテントとタープをゆったり建てれるし、清潔なトイレシャワー室もついて、土曜9時~日曜17時まで使えるとなると、かなりお得な値段ですね!

で、今回のキャンプは、ゲスト2連発でした。まず土曜は、パパがとある資格試験で昼までこれないので、朝に息子の小学校での一番の親友のKくんとKくんママを愛車のセレナにのせて、キャンプ場へ。パパ不在だと、テントが建てれないんですが(うちではテントはパパがひとりで建てます。私はノータッチ)タープ設営と、料理は私でもばっちり!ってか料理は私しかできないけど(笑)

で、キャンプ場について、アスレチックで子供たちをしばし遊ばせ、その後サイトに移動してつくったのが・・・・・

f0114184_1936521.jpg


餃子です!皮は現地にて手づくり、っても、粉と塩はレシピどおりはかってタッパにいれておいて、あとはやかんでわかした熱湯をタッパの粉の上にそそいで、タッパのなかでこねこねしたもの。時間もレシピには30分は休ませるように書いてたけど、15分ほどしか休ませてない(笑)

おまけにこねがたりなくて、全然ぼそぼそっとした生地だたけど、まあいいやろ~と、新聞紙に打ち粉(ビニール袋にいれて持参)をたっぷり巻いて、持参の麺棒で適当に丸くのしたのですが・・・

当然のごとく、子供たちの「やらせて~!!!」の大合唱で、手伝われてしまうことに・・・こっそり、K君ママとちゃっちゃか作るつもりだったのにな~。 ちなみに餃子のあんは自宅でつくってクーラーボックスでもっていきました。キャンプ初日の昼食は家で下ごしらえが鉄則ですな!

f0114184_19402050.jpg


ちなみにキャンプ場で皮から手づくりするのに、当然普通のちびいサイズの餃子なんて作りません。ひとり1個で満足できるぐらいのビッグサイズの餃子です。今回はダッチで作ったので、まさに鉄鍋餃子ですな!ダッチで鉄鍋餃子しかも巨大サイズのものを上手に焼くポイントは、油をしいたダッチを強火でプレヒートして、餃子をいれていい感じに焼き色がついたら、いつもよりたっぷりめの水で蒸すことだと思います。コンロより火加減が難しいだけに、水が少ないと焦げ付いてしまううえ、巨大餃子だとなかなか火が中まで通らないから。

f0114184_19433684.jpg


ちょと焦げ焦げにみえるけど、実際に食べるとたいして苦くもなくむしろ香ばしいくぐらいでした。これは2回目で肉汁とかついてるからよけいに焦げ付きやすかった。ちなみにクッキングペーパーに包んであるのは朝食の残りの白神こだま酵母でつくったライ麦とくるみとカレンズのパン。炭火であたためて表面がぱりぱりになっていて、美味でしたぞ!

f0114184_19443137.jpg


全部で巨大餃子を9つほど作ったけど、みんなでペロリ!いやあ、むちゃうまでしたよ、ダッチオーブンで作る鉄鍋餃子。ぼそぼそした皮でつくったけど、蒸し焼きしたら皮もむっちりもちもち。中のあんのジューシーさとあいまって、超満足でした!

ちなみに、つけあわせにおにぎりや、後で合流したパパ(ちなみに西条駅からタクシーで来てもらった)にコンビニで巻き寿司やサラダなどをもってきてもらいました~

f0114184_19455955.jpg


夜は手抜きでお鍋。ぽっちりのご愛用の豆乳鍋のつゆに、海鮮ものを色々といれて、海鮮鍋に。夜の画像だと炭火の赤い火がよく見えるね~。そうそう、今回は全部炭が熱源。秋キャンプは夜の焚き木が楽しみなわけだけど、炭で料理した後、薪を置いたら、それだけであっというまに火がついてミニキャンプファイヤーになるからね~

夕飯の後は、友人のK君とママを西条駅に送っていって、私たちは温泉浴場に入りに行って、キャンプ場へは21時ごろに帰還。シュラフにこもって、みなでぐっすり眠りました。シュラフのほかに毛布や断熱のためのシートをしいていたせいか、寒さはそれほど感じなかったな~とはいえ、日中と違って、むちゃ外気は冷たいんですがね。

f0114184_1949926.jpg


ちなみに朝食も朝から炭をおこしました。暖をとるためなのと、昼も炭でバーベキュー予定なので、焚き火台を乾かしておきたかったから。この日のメニューはインスタントカップスープのもとを豆乳でといたスープにうどんとマロニーをいれたものと、市販のバゲットにマーガリンをぬって、炭火でトーストしたもの。

f0114184_19512914.jpg


見た目は美味しそうだけど、なんかまずかった~。やっぱ久々にたべると、私の手づくりのパンのほうがうまいし、パリパリするぞ!なんかバゲットのくせに柔らかくて、イマイチだった~。

f0114184_1954345.jpg


んでもって、日曜の10時ごろに、友人家族第2弾が到着!同じ社宅で、奥様とも仲良しでだんな同士も同じ部署ってな家族。ちなみに息子とあちらの長女さんも同じ小1。あちらのだんなさまが某NHKの番組でやっていた、


「がんがんにおこった炭のうえに、12時間以上水に漬けて水をしみこませた炭をおいて、高熱水蒸気で焼くバーベキュー」

というのをやってみたいということで、それを実践。一部の炭を、たっぱにいれて、一晩中水に漬けておきました。で、焼いてみると、牛肉はまあいつもと対して違いは感じられなかったのですが、鶏肉は確かに焦げ付きにくい!普通じっくり焼いているとどうしても鶏の表面が黒焦げになってきそうなのに、がんがんにおこった炭の上でも黒焦げにならずええ感じに焼けました~

f0114184_19581580.jpg


焼きあがった鶏には、にんにく醤油(自宅から持参)とレモンをかけてぱくっ!美味しい!これからも鶏を焼くときはこの水漬け炭を使おうっと♪

f0114184_19592447.jpg


ステーキも人数が多いので、でっかいオージービーフを使用。子供たちもばくついてました~

f0114184_2001240.jpg


色々な野菜を焼いたけど(もちろん炭火で焼き芋もつくった~)なすの田楽も美味しかった♪クッキングパパでタルタルソースもなす田楽にあう、と出てたので試したけど、やっぱ甘ミソがうまいな~  ちなみに、あちらのだんなさまは、肉もうまかったけど、とうもろこしの炭火焼に感動されてました。とうもろこしも皮に包まれたものをそのまま焼くと、皮の水分と風味でむちゃ美味しく焼きあがるんですよね~。でも、季節外れになりつつあるので、1本198円とかだからな~、2本しか焼かず、1家族1本ってことで齧りあいながら食べました(笑)

子供たちも遊び相手がいっぱいいるからとっても楽しかったみたい!ちなみに写真はローカルネタの「錦〇橋」 という技。幼稚園の年長さんの組み立て体操では必ず披露されます(笑)

f0114184_2043832.jpg


次回のキャンプは11月の連休に、だんなのご両親さまとともに、阿蘇、くじゅう、高千穂峡に行く予定!泊まるのはコテージだけど、だんなのご両親さまに、アウトドア料理の楽しさを知ってもらいたい!と今からどんなメニューにするか考え中。まあいつもと同じようなメニューになりそうだけど(笑)
[PR]
by pukapuyajiri | 2008-10-21 20:06 | キャンプ・旅行
<< 怒涛の更新、3連発!最後はパン... ゆるマクロビな食事 >>