<   2007年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

イングリッシュマフィン

f0114184_13391720.jpg












昨夜の我が家の夕飯は、精進カレー。最近、家計をチェックして、キャッシュフローを確認したところ、凄まじい状態が発覚。なにせ、教育費がすごいの。

幼稚園(ふたり)  約5万円
            (つみき教室二人分含む)
スイミング      12600円  (ふたり)
ピアノ         14000円  (ふたり)
書道           2500円

合計  約8万円

はっきりいって、家計の3分の1をしめておりましゅる!(あっ!給料がばれた!)

今は社宅暮らしなので、家賃、水道費、および、引き落としの貯金や保険は、あらかじめ天引きされてるとはいえ、さすがにこれはキツイ。どうりで最近、お金がないわけだわ。

というわけで、今まで、ゆるみにゆるみまくっていた家計のひもを締めるべく、まずは食費をしぼることにしました。約1年続けていたグリーンコープはやめるつもり。ビン牛乳の美味しさには後ろ髪をひかれるものの、やはり我が家のような状態で、1本260円近くする牛乳は、贅沢品・・・諦めまする・・・・

そんでもって、ここ数年していなかった給料を袋わけするのを復活。といっても、大雑把に、給料日にウン万円を下ろして、封筒にいれて、1か月分の食費と雑費はここから出す・・・というやつですが。まあ、新婚時代の節約生活を思い出せば、昔とった杵柄で、そう苦でもない。うちは、結婚が早くて、だんなが新入社員のときに結婚してるので、最初はやっぱりかなりキュウキュウしてました。でも、ふみなりはお腹にいたけど、別に大してお金も要らなかったし、けっこう何とかなってたのですが。でも、今は、給料がアップしたとはいえ、上記の教育費。はっきりいって、給料アップ分より、教育費のアップが勝ってる?

でまあ、昨日のカレー。肉が入ってません!なつかし~! 蛋白源は厚揚げ。しかも、数日前の「小松菜と油揚げの炊いたん」をリメークしたもの。だし味がきいて、いい感じの和風カレーになってます。ようするにいためたタマネギに上記の惣菜を加えて、カレールーをとかしたもの。それだけだとちょっと寂しいので、近所のスーパーで見つけたお宝品!私の大好きな、賞味期限真近で、値下げされているコーナーでゲットした、「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」という、美味しい豆腐を中に混ぜ込んでます。

げげ~!と思った人、チッチッチッ、豆腐をぐちゃぐちゃにしたものは豆乳の味。カレーに牛乳をいれると、まろやかな味でコクがでますが、同様に豆腐も中にいれると、ミルキーでコクが出るんですよ。うちは子供用に、カレーの味をまろやかにするために、時々するのですが、当然栄養価もぐっと増しているはず!

和風だしも実はカレーとはよく合います。カレーうどんのことを考えていただければわかるでしょう。でも、ちょっと贅沢にみせるために、炊飯器で米を炊くときにターメリックを加えて、黄色くしあげました。子供は大喜び。ちょっと黄色くするだけで、なんだかただの貧乏カレーがランクアップ?

f0114184_13562588.jpg

で、本日の昼食はイングリッシュマフィン。私はオーブンでなくホットプレートでこれを焼くのが好き。平たくしあがるし、保温できるので、お昼にかえってくる子供たちにアツアツのマフィンを出せるから。











f0114184_13573070.jpg



上にとろけるチーズをのせて、ハムとレタスをのせて、美味しいランチをいただきました。みんなバクバク食べたわ~
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-31 14:01 | パン作り

チョコマロン

f0114184_16334535.jpg


先日作ったチョコとマロンを混ぜ込んだパンです。今となっては昔に思える、ABC基礎クラスの、マロンロゼッタというパンをアレンジして、中にチョコを混ぜ込んでみました。

結果は思ったとおり、チョコと栗はゴールデンペアですね!あまーいチョコの香りと、栗の甘露煮で食べた瞬間から幸せになるお味でした♪







f0114184_16362464.jpg

レシピの倍量でつくったので、ケーキ型にいれてロゼッタ(バラ)の形にせず、成形での食感の違いを楽しもうと、色々な形でつくってみました。

やっぱりただの丸めただけのパンはそっけないですねえ(´~`;) 個人的には、こんにゃくなどでやる手綱結びの成形が、一番美味しかったように思います。厚みが少ない分、外がかりっとしてチョコと栗の甘みが凝縮された感じで。

ちなみに今日は、ABCのイベントで、ルレ・ショコラというケーキを作ってきました!
バレンタインデー用にチョコを使ったケーキ。カットするときにできる切れ端を最後にあまったクリームとともに、試食できるのですが、とっても美味でしたわ♪
バレンタインデーに息子とだんなのためにこれを作るとは思えませんが、とりあえず今日のおやつはこのケーキ。作り方もならえてこのケーキお持ち帰りで500円はやっぱ安い!ABCのイベント、けっこう好きです♪

f0114184_16412641.jpg
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-30 16:42 | パン作り

チョコマーブル

f0114184_2126535.jpg本日ABCでつくってきた、チョコマーブル。とてもこった成形で、食パン型にいれて焼き上げます。マーブル上にするのは難しいところを、ABC独自の成形方法で?簡単にマーブル状になるように工夫されたレシピとか。


家に帰ってから、子供たちやにののののののんと味見しましたが、おいし~o(^-^)o

なんといっても、卵をたくさん使っているので、ふんわりしてます。そして、とてもとてもとてもこねるのに苦労しただけあって、食感もかる~い。はっきりいって、今までのレッスンで、一番こねたかも。これだけ成形にこると、やはりふくらみが悪くなってしまうので、とにかく捏ねが命!こねにこねて、こねまくって、充分弾力をだしてください!と先生に言われ、一緒のレシピだった生徒さんとともに、汗だくでこねあげました。はっきりいって、家ならとっくに途中でもういいだろう~と、一次発酵させてましたわ。

f0114184_21311564.jpg

見てのとおり、横から見てもマーブル状。本当に面白い成形方法でした。





f0114184_2132118.jpg

スライスするとこんな感じ。これははじっこのほうなので、まだマーブルが少ないですが、もうちょっと切って味見したら、中はもっときれいなマーブルでした。成形のこつを忘れないうちに、復習せねば♪


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-27 21:33 | パン作り

ガンダムDVD VS 花より男子

ついに我が家にやってきました。ガンダムDVD BOX!

テレビ放映されていた初期のガンダムが全話収録されているDVDボックス2箱。
初回限定のガンダムフィギュア付きです。

もちろん欲しがったのは、だんなのにののののののののん。今日も朝からホクホクして、「当分はガンダムを見まくって廃人になってそうや~」とのたまっていました。仕事が終わったらきっと、毎晩のように彼は見るんだろうなあ(´~`;)

でまあ、さっそく、第一話と第二話は、子供たちと一緒に先ほどみました。ふみなりはけっこう気に入ってる。けいじりんも、戦闘シーンで、「ぎゃ~ん!がが~ん!」と叫んでましたが。あーちゃんは、「きょわい~」←?怖いシーンでもなかったけど・・・  とか、「あの人死んじゃったの?」とか、イマイチ、ストーリーについていけない様子。まあそれもそうだろう。ガンダムはけっこうシリアスな展開だし、あーちゃんにとっては、宇宙に空気がないとか、スペースコロニーが、とかいわれても、はあ~?って感じだわな。

私も、まとまに見るのは、たぶん初めてなので、けっこう楽しんでみました。うわさの3倍のスピードのシャア専用ザクをはじめ、にののののののんが口走っていた、数々の名前と見た目が一致してきたし。シャア、なかなかの美青年ですなあ。

けれど、やっぱり今の私にとって、心騒ぐのは「花より男子」!ドラマのほう!

昨日放映された、ドラマの小栗旬くん演じる花沢類には、完全にやられました。萌え~!って感じです!!つくしにキスするシーンでは、ニヤニヤしまくったわo(^-^)o
 来週の予告編の旬くんが、またかっこいい!あと1週間待ちきれないわ~!まだドラマも終わってないけど、この後も、もう1本ぐらい、スペシャルとか、映画とかつくってほしいなあ~今のキャストもウカウカしてると、あっというまに年をとってしまうし。。

だんなが風呂に入っている間に、ガンダムDVDじゃくなくて、ハードディスクに落としてある昨日の「花より男子2」でも、見直そうっと。

↑って、見直そうと思ったら、録画できてない!!!!!!なぜ~!!???

けいじりんになにかされていたのか?? タイマー予約してあったけど、何らかのトラブルにより録画できませんでしたって、表示されちゃったよ~ グッバイ旬くん・・・来週はぜったい録画してやる~ ああ・・・・・(*_*)
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-27 19:37 | おうちネタ

体育教室

本日、幼稚園の体育教室レッスンの参観に行ってきました。

体育教室は年中からなので、ふみなりのレッスン風景しか見れなかったのですが、想像以上にビデオやカメラを持ち込んでるママさんが多いのにびっくり。けど、私ももって行けばよかったーと後悔しましたわ。だって・・・・

ふみなりがうんていをスイスイしてる~!(>_<)

肥満児だった私にとって、うんていは鬼門中の鬼門。体重プラス重力で、前にうごくどころか、ぶらさがってるのもやっと、って感じでした。同様に鉄棒も大嫌いで、体育そのものが嫌いだった私。でも、ふみなりは生まれたときから、素早い動きを見せていて、体型もスリム。運動神経も良さそうなので、ちょっと期待していたのです。

すると、期待に違わぬ、うんていでの腕の運び!すご~い!

ちなみに、来年年中になっても、うちのあーちゃんが出来るかどうかは謎だわ。あーちゃんはスリムなんだけど、筋肉とかがあんまりなくて、ふにゃふにゃしてるからな~

でも、そんなふみなりも、しょせんは年中さん。なわとびはよく分かっていない様子で、もたついてました( ̄▽ ̄;) なんせ、なわとびが何たるか、目の前で見たとこがほとんどないもんねえ。けれど、年長になったら運動会で、みんなでなわとびとか、組み体操とかをするのですが、そのときには全員ふつうに縄跳びの前まわりをしてました。これから秋までに全員飛べるようにするなんて、体育教室の先生も大変ですね。

ちなみに、体育教室の先生、なかなかのイケメンなの。実はファンの私でした♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-26 13:27 | 育児

オニオンパン

f0114184_133497.jpg

先日ABCで作ったオニオンパン。生のタマネギを荒みじんにして混ぜ込むのですが、タマネギから水分がでるので、生地をまるめなおすときも、ベンチタイムも成形も、とにかく生地をいためないように気をつけながら作らないと駄目。でも、そのぶん、焼き上げ後は、外はカリカリ、中はしっとりと柔らか。とっても美味しい~♪

そのまま食べても美味しいのですが、二日目は、チーズをのせてトーストにしてみました。

f0114184_1383620.jpg

うんま~♪タマネギの風味が最高~!ふみなりは特に気に入った様子。おかわりしまくってましたo(^-^)o






f0114184_13112463.jpg

あんまり美味しかったので、翌日も作ってみました。今度はハムもちょっと混ぜて。こちらもうまうま~♪やっぱ、朝にはこういう塩味パンのほうが私は好きだな~
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-26 13:14 | パン作り

未来・・・

しばらくフィギュアネタから遠ざかっていましたが、今でも国際大会は着実行われています。

先週行われたユニバーシアードというトリノで行われた大学生のみが参加できる大会では、男子が高橋大輔くんが優勝、二位が織田君。女子では鈴木明子ちゃんが優勝!

鈴木あっこちゃんは、全日本では10位でした。ジュニア時代からぬきんでた表現力で、将来を期待されていた選手でした。中野ゆかりんと同世代で、当時はジャンプの中野、表現力の鈴木と、将来の日本を背負う逸材か、と思われていたのもつかのま、さらに下の世代から、ジャンプの安藤、浅田、表現力の太田由希奈がでてきてしまい、すっかり影が薄くなってしまったようです。

そうこうしているうちに、摂食障害になってしまい、しばらく第一線から遠のいていました。彼女のどん底時代は下記のインタビューからわかります。ぜひ読んでみてください。こんな状態から、今季、ユニバーシアードまで優勝するまでに復帰してきた、彼女のすさまじい精神力には感服いたします。

にしても、全日本10位でも国際大会で優勝してしまえる、日本の層の厚さをあらためて実感。

http://www1.odn.ne.jp/~cak21680/AkikoSuzuki-interview040328.htm

今まで層の厚さといえば、アメリカ、ロシアが有名でした。ロシアはとくに、男子シングル、ペア、アイスダンスでは他の追随を許さぬ層の厚さを誇っていたのですが、最近、ペアでは中国、アイスダンスでも他の国に追いつかれがちなようですが。男子も、プルシェンコ以外の選手が、なかなか育っていない・・・正確に言うと、良い選手はいるのですが、大物のスター不在、って感じでしょうか。女子にいたっては、半分引退状態のスルツカヤを除けば、アメリカ、日本には全く太刀打ちできない感じ。かの国で何がおこってるんでしょうか? うわさでは、プルシェンコ、スルツカヤでさんざん金儲けをして、一部のクラブや関係者がうまい汁をすって、全国のスケートクラブに国からのお金がいかないシステムに問題があるらしのですが・・・・まあ詳しくはわかりません。

アメリカはというと、サーシャ・コーエンが休養中、ミシェル・クワンはほぼ引退状態。
キミー・マイスナーという昨年の世界チャンピオン(17歳)と、ソルトレークオリンピックの金メダリスト、サラ・ヒューズの妹、エミリー・ヒューズがなんとか二枚看板で世界のトップレベルにいますが、やはり3ルッツ/フリップ ー 3ループ をショートから入れることのできる浅田、安藤さらにベテランで実績では世界でも定評のある村主、総合的にミスの少ない中野ゆかりん、などをそろえる日本のほうが、今は一枚上手なかんじ。

でも、日本が今、女子シングルが黄金期なのにたいして、アメリカは、今ジュニアの世代に、天才肌の選手がいるのです。そのうちのひとり、カロライン・ジャンは前にも紹介しましたが、先日行われた全米ジュニアでカロラインを抜いて、優勝したのがミライ・ナガス選手です。はっきりいって、人目でファンになりました!

http://www.youtube.com/watch?v=_xSyRYj7HXc
http://www.youtube.com/watch?v=r56fKkcX1i4


名前のとおり、日本人の13歳の少女です。両親はカリフォルニアで寿司レストランをしているらしく、正直、あまり裕福ではないので、衣装代や、練習代にも事欠く状態で、奨学金をうけているとか。カロラインとは同じスケートリンクのようですが、まだまだ情報が少ないので不確か。基本的なソースは2ちゃんから持ってきてるので、あやしい(´~`;) でも、両親がすし屋で、奨学金を受けているというのは、全米ジュニアのサイトでみたので、確かです。

ジャンプも高さがあるし、スタイルもいいし、体が柔らかい。なんといっても、新採点になってからは、柔軟系の技を器用になんでもこなして、スピン、ステップ、スパイラル全てで、レベルをとりこぼさないことがトップレベルに残る道なのですが、彼女は13歳にして、素晴らしいスパイラルポジション、スピンもビールマンを初め、むっちゃうまい!何より、音感がよくて、音楽にあわせて踊ることが出来る・・・・これでもう数年して3-3ジャンプが入るようになれば、カロライン・ジャンとともに、バンクーバーで真央ちゃんを脅かす存在になるのは間違いないでしょう。

両親とも日本人ですが、生まれたときからアメリカで育っていて、日本語、英語ペラペラのバイリンガル。たぶんオリンピックはアメリカ代表じゃないかな?日本は、浅田真央という数十年に一度の逸材を今出してしまったので、バンクーバーオリンピック以後に、真央ちゃんほどの天才少女がでてくるかどうかが謎。

正直、今のジュニア世代はムムム・・・なの。

武田奈也(なな)ちゃん、沢田亜紀ちゃんはジュニアといっても、今春から大学生。正直、限界がみえている。まだ高校生の村元小月ちゃんや、水津るみちゃんは、今後が期待できそうだけど、正直大器の片鱗はない。るみちゃんはフリップやルッツが苦手だしな~

ノービス世代に期待なのですが、今のところいい選手はいるものの、昔のミキティや真央ちゃんみたいに、すごいこがいるんだよ!という噂がたつほどではないんです。男子は、ハーフの日野龍樹くんとか、いろいろいい子がいるみたいだけど。

その点アメリカは、やっぱり裾野がひろいので、また層の厚さが復活しそうな感じですね。

とりあえずはミライちゃんは全米ジュニアで優勝できたわけだし、アメリカの企業や奨学金団体が、彼女に寄付して、良い選手になれるようにバックアップしてほしいもんですね。アメリカ代表でも、日本人が活躍するのは嬉しいし♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-25 12:28 | フィギュアスケート

目が点

f0114184_10541840.jpg先日焼いたパン、ショコラブレッドです。

ココショコラという小さく分割するパンの生地をアレンジして、食パン型にいれて焼きました。うちの子供たちが習っているピアノ教室の子が、とあるピアノのコンクールで賞をとって、受賞者のコンサートに行ってきたのです。その同じ教室の子へのプレゼントとして焼きました。

本来ココショコラは細かく刻んだチョコを一次発酵前に混ぜ込むのですが、すっかりその手順を忘れていたので、しかたなかく、成形前に生地に巻き込んでいくやりかたに変えました。すると、なかなかの出来!全体に混ざっているときよりはチョコが目立って美味しいそう?チョコの油分でねじりも綺麗にできたし、ケガの功名とはまさにこのことですね。

ちなみにコンサート、あまりにもレベルが高くて目が点!!になりました。先生も、このコンクールは、参加すればなにがしかの賞がもらえるんですよ~とはおっしゃていたので、最初は、まあ年中や年長さん、小学1年生の子達はそんなに難しい曲をひいてないだろう、と思ってたんです。でも、年長さんの子でも、かなり難しく指を動かす曲をひいてる!特に、全国大会まで行ったことかは、本当に難しい曲を弾いてて、感心したわ~ きっと、幼稚園だけど、毎日30分から1時間は練習してるだろうな・・・と思いました。

同じピアノ教室の子は、小1で、ふみなりのつぎにレッスンなので、帰る時に弾いてる曲が聞こえてたりしてました。上手だな~とは思ってたけど、実際にコンサートで聞くと、本当にうまい。指が鍵盤を押さえるうんぬんではなく、音が綺麗に出せてるし、強弱や抑揚といったものが、このレベルの子だとすでにけっこう出来てるの。すごいな~

うちのふみなりも、なかなか器用にひくな~とは思ってたけど、やっぱりコンクールとか発表会用の曲とかはまだ弾いたことがないので、あんな曲ができるかどうか謎。一応、今年は幼児の部で参加してみたいかな~と思ってるのですが、はたしてどうなることやら。

そういや、あーちゃんも今年からピアノを習い始めました。本当はこれぐらい小さいときはヤマハのグループレッスンのほうが楽しいだろうな~と思いつつも、兄ちゃんと一緒の先生に習うのが当然といえば当然なので、個人レッスンでスタート。予想されていたことですが、あーちゃんはおとなしくて気立てがいいので、30分間びしっとピアノの前に座って、ひたすら先生のいうことをまじめに聞いている・・・・本当にすごいわ。練習も好きで、小さなお手手のわりには、しっかり音が出せてるように思います。やっぱ兄ちゃんが弾いてるのをずっと見てたからな~

正直、ふみなりとあーちゃんは性格が全然違います。ふみなりは根本的に落ち着きがなく、動きがちょろちょろしてます。集中力や注意力に欠けてる面がある一方で、たくさんのものに興味をもつので、知識と興味の幅はすごいものがあります。とにかく、質問魔で、プラスチックは石油で出来てるんだよ、だから無駄に使ったら石油がもったないから、ママはお買い物にはバッグを持っていくのよ、とか説明すると、

「石油って何でできてるの?」
「どこで取れるの?」
「マントル?マントルって何?」
「むかーしの動物ってどんなのがいるの?」
「恐竜より昔には何がいたの?そのころから石油ある?」

などなど、とにかく質問が山のように出てくる。これ自体は悪いことでないのですが、車の運転中とかだと、「だ~!!!だまれ~!」と叫んでしまうぐらい、うるさいやつです。

あーちゃんはというと、そういうことは一切質問しません、というか興味がないようです。たまにする質問も、兄ちゃんの真似のみ。興味がある分野も非常にかたよっています。好きなものは、ウサギ、ピンク、イチゴ・・・・ときどき心配になりますわ(*_*)

でも、なんといってもあーちゃんは気立てがいい!顔も可愛い(←親バカ) 一緒にいると、なごみます。年の割りに舌ったらずなしゃべり方もたまりませ~ん。昔は娘もしっかり勉強してほしいとか思ってたけど、今はあまりそんな意識はなし。あーちゃんは、可愛くて、心優しくて、今のように気立てのいい娘に育ってくれればそれでいい、熾烈な受験戦争なんかに巻き込みたくないわ、と思ってしまうようなキャラです。

反対にふみなりは、ガシガシ勉強して、ガンガン踏みつけられたほうが伸びそうな強いパワーを感じます。ふみなりが水泳のコーチとかにしごかれてると、快感~って感じです(←ひどい?)

それぞれの子供に個性があるのでけっこう見てて面白いですわ。

f0114184_11205636.jpg
カフェロールの生地で、ココショコラの成形。ココカフェと命名。この成形は本当に簡単で、作りやすい。







f0114184_11214485.jpg
先日作ったピザ。カレーがあまってたので、ソースのかわりにカレーを塗って、いり卵とチーズをのせて焼きました。むっちゃ美味しかった!ナン風ピザってかんじでした。
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-23 11:22 | パン作り

「コーラス」

パンを焼きながら、かねてから見たかった映画、「コーラス」のDVDをレンタルしていたので、先程見終えました。

感動~!(>_<)

詳しいあらすじなどはこちらに書いてあるとおり。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4855

簡単に言うと、素行の悪い問題児とされている少年ばかりが集められている全寮制の学校に、心の優しい音楽教師が赴任してきて、合唱を通じて少年たちの心を一つにまとめ、少年たちにも変化が訪れる・・・というストーリー。

何がいいって、少年たちの歌声が素晴らしい。最初はばらばらだったりするのですが、奇跡の歌声をもつモランジュ少年を軸に、徐々に素晴らしい合唱隊にと成長していきます。

モランジュの役をしているのが、実際にフランスのサン・マルク少年少女合唱団の主席ソリストだという、ジャン・パティスト・モニエくん。金髪碧眼、まさに天使のような容貌にくわえて、本当にうっとりするような感動的なボーイソプラノ・・・・素晴らしい!

ボーイソプラノの宿命として、いつかは声変わりをむかえてしまうので、モニエくんが今でも少年合唱団にいるのかは分かりませんが、とにかくこの映画のサントラや、サンマルク合唱団のDVDでは、彼の奇跡の歌声が楽しめるらしいです。

この映画を見終えてすぐに、サントラCDをアマゾンで注文しちゃったわ。

ただ、私はとても涙もろいのですが、フランスでは8人に1人は泣いたという映画のはずですが、なぜか涙は出なかった。めずらしいわ。

感動はしたのですが、じんわりとした感動であって、おいおい泣く様なラストではない。でも、とてもよい作品なのは確かです。アカデミー賞も2部門でとったみたいですよ。

ちなみに、私が今まで一番泣いたのは、なにげに「シンドラーのリスト」です。映画館で私の嗚咽の声が響くぐらいに泣けてしまった。。あんまり感動して、映画館で3回ぐらいみたのですが、さすがに3回目はそこまで声をあげるほどには泣かなかったけど(´~`;)

反対に泣けなくなってしまったのが、アニメの「火垂るの墓」。終戦記念日のころにはいつも放映されるこのアニメ。小さいときは、すごく可哀想で泣けたけど、大人になってから見ると・・・どうも性格がまがってしまったのか、泣けない。

というのも、あの兄弟に冷たく振舞うおばさんの気持ちがわかるから。食うや食わざるかの戦争中。親を亡くした親戚の子供がふたりもきたら、自分たちの食べ物も当然少なくなる。それでも、親戚の子だからと、一応預かっているだけでも、あのおばさんは鬼ではないと思う。母の形見の着物を出させてうっぱらって米に替えるシーンも、小さいときは「ひどいおばさんだわ!主人公が可哀想!」と思ってたけど、自分が養う身分になると、「いやあ~確かに子供がふたりもふえると、食費は確実にすごくかかるし、父親からし送りがあるわけでもないんだから、ちょっとは米代、出してよね」という気にもなるだろう、と妙に理解できてしまう。

そして、両親がなくなって、自分がしっかりして妹を守らなければいけないのに、のんきにオルガンなんぞひいたり、川のどてっぺりで寝っころがって、妹を喜ばせている兄ちゃんにも少し意見したくなる。みんな必死になって食い扶持を稼ぐために、働いているんだから、小6(だったような)ぐらいに大きくなってるなら、おばさんの家事を手伝ったり、村の人の労働を手伝ったりして、妹は自分が養う!ぐらいの気迫で日々過ごさんかい!と説教したくなりますわ。

実際、おばさんたちの扱いがひどいから・・・といって家をでて、村の洞穴に妹とふたりで住み着いて、結局妹は栄養失調で死なせてるし・・・本当に妹が大事なら、兄ちゃんは、おばさんたちとうまくやるためにもっと努力して、なんとかあの家で、暖かい食事がもらえるように働くべきだったと思ってしまうのです。

話がそれましたが、とにかく小さいときと、大人になってからでは、感じることは違いますね。「コーラス」とっても良かったです。興味のある方はぜひ見てみてください♪
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-22 01:18 | その他

寿司に寄せて・・・・

今朝の新聞チラシで見た、手巻き寿司1本84円という文字。1本84円なら、お吸い物を家で作ってこの寿司を食べれば、外食よりずっと安くつく!と久々に寿司を予約して取りに行きました。(今いるところは田舎のせいか宅配寿司がない・・・店までとりに行かねばならないのじゃ~)

昼食に食べましたが、お味は・・・・・・・(*_*)

まあ、この値段で超美味しいわけないのですが、巻物なのにネタが真ん中になくて外側にあるのはいかがなもの?ちゃんと巻けよな~

うちの子供たちは鉄火巻きが大好物なのですが、84円だけあって、まぐろが細い~すしめしばっかりやんけ。いくらは当然のように人造いくら。人造は人造でも、もうちょっと本物っぽい人造イクラは何回か食べましたが、この店のいくらはまじで外側が固い!なんかの薬のカプセルかい!とつっこみたくなるぐらいぷりぷり。下でつぶすと中のどろっとしたやつはイクラの味なんだけど、余計にこれって何で出来てるの?と気持ち悪くなりましたわ。

今はまぐろの世界的な漁獲量の制限が話題になっていますが、確かにこんな安くで庶民がまぐろを食べれる状態っていうのは、異常といえば異常ですよね。

そもそも私が小さいころは、寿司といえばすごいご馳走でした。私の母は大の寿司好きで、何かお祝い事があると、寿司を食べたいというので、我が家は誕生日や合格祝いなどでは、必ず近所のすし屋に行ってました。

自分で言うのも変ですが、私の実家は当時、わりあい裕福だったので、私は寿司に関しては、小さいときからすごく美味しいすしばかり食べてました。カウンターに座って、寿司職人の大将たちと談笑しながら、値段のかいていないネタの札をみながら、トロだのひらめだの・・・・とはいえ、年に数回だけど。それぐらい、寿司屋で寿司って、ご馳走だったな~

今から考えると夢のようじゃ~

自分が家庭をもつようになると、いかにあの状態が裕福だったかがわかるわ。せいぜい奮発して回転寿司。うちの子供たちにとっての寿司とは、手抜きの寿司太郎で作るちらし寿司か、スーパーの惣菜コーナーの鉄火巻きです。すまぬのう。

 そういや、すし屋のカウンターで思い出しましたが、今でも思い出すと苦笑してしまう出来事があります。大学生になって3年間つきあってた、初めての彼氏といったすし屋の思い出です。

元彼Mさんは、苦学生。ひとりっこなのですが、家計がきついなか私立の大学に通わせてもらってる両親にすごく感謝してて、なるべくお金は使わないようにする人でした。当然デートは、全てワリカン。とはいえ、私は「おごってもらわないと嫌」とか全然思わないタイプで、ワリカン大歓迎だったので、別に彼があまりお金がないことは関係ありませんでした。

当時、合唱サークルでの先輩だったのですが、彼は3つ年上だったので、じきに社会人に。社会人になったら、もう少し羽振りがよくなる?とか思ってたら初任給はほぼ全額親にあげたり、ふだんでも、月々5万円は親に渡すという、親孝行ぶり。ほんとうにすごい人でした。ちなみに、日本でも3本の指に入る、人口の多い都市の市役所に勤めていたのですが、大学4回生のときに受けた公務員試験3つ、某市役所、裁判所事務官、国家2種とすべて、本屋で売ってるような問題集だけで合格したという努力の人でした。

でまあ、彼が社会人になっても相変わらず、デートで行くのも、食べたりするのも学生の時と変わらず、なるべくお金がかからないところを選んでいたのですが、ある日彼が行こうといったのがすし屋。「いいの?」と聞くと、激安なのに、いちおうカウンターで食べさせてくれる店で、学生も多いらしいので大丈夫だろうとの話。

行ってみると、表の看板に、寿司1貫100円から~とか書いてある・・・・・・当時、実は回転寿司さえもいったことなく、にぎりといったら美味しいすし屋の寿司しか食べたことない私は、一抹の不安を覚えました。(ちなみにおいなりさんとか、巻き寿司とかは当然スーパーのもよく食べてたんですよ。ただ握りずしは、すし屋でしか食べたことなかったんです)

でまあカウンターに座ると、元彼は超緊張してる!私も、いきなり「まぐろとひらめといくらとうにを握ってちょうだい」とか言ったら、彼がびびるかしら?と思い、「私は何でも好きだから、あなたが注文して」というと、彼がまた「じゃあ、あじ一人前」とか言うんですよ。いやアジが悪いんじゃなくて、寿司ってふたつずつ出てくるでしょ。それをひとつずつふたりで食べるわけです。で、お茶をすすって・・・・次は何にします?とか向こうに聞かれても、彼もなかなか注文しない・・・
でまあ、私がしびれをきらして、「じゃあ、いかといくらが食べたいな~」とか言うんだけど、やっぱり彼はそれを「いかと、いくら、一人前」と言う訳です。で、ふたりでそれをちびちび食べる・・・

その様子をみて、すし屋の大将が放った言葉が

「おいおい~お兄ちゃんも彼女も、まわってる寿司しか食べたことないんやろ~?一人前ずつちびちび食べてんと、おんなじネタを二人前ずつとって、しっかり食べたらどうや~」

なんですと!!よりにもよって、この私に!!まわってる寿司なんか、自慢じゃないけど食べたことないわい!こんな親指ぐらいの大きさのシャリに、うすぺっらいネタを乗せてるような寿司を出す店にきたことなんか、初めてじゃい!

と内心ムカムカしてましたが、にっこり笑って、「そうですよね~じゃあこれからは2人前ずつ、握ってください。私もたくさん食べたいし♪」と答えて、そのすし屋で夕食をすませたのでした。

とまあ、どうでもいい昔話ですが、いまだに寿司を見ると、あのときの元彼の様子とか、美味しくもないあの親指サイズのすしを思い出しますわ。あの親指寿司に比べたら、今の回転寿司のなんとレベルがアップしたことか・・・まあ店によりけりですけどね。

ちなみに、現在のだんなさまにののののののんと初めてのデートで行ったのもすし屋。回転寿司だけど、けっこう美味しかった。このすし屋に行くまでの間にも、わたしはすっかりにののののののんが気に入ってていたのですが、駄目押しのように彼のことが気に入ったのも、このすし屋のおかげ。元彼とは違って、お金のことをあまり気にせず、ばんばん寿司をとって食べてる姿に、すっかり惚れちゃったの♪おまけに、お互いが犬好きだということがわかり、当時の彼の実家にいるビーグル犬の話でもりあがったんだっけ。懐かしいわ~

そういやもうすぐ節分。関西出身のぽっちりは、当然巻き寿司をかぶりつく予定。関西の風習だったはずが、今ではすっかり全国区。商魂たくましいですね~
[PR]
by pukapuyajiri | 2007-01-20 23:50 | おうちネタ