くじゅう、阿蘇、高千穂キャンプレポート ~2日目~

朝食には湯布院で購入した美味しいホシノ天然酵母のパンやさんのパンや、ベーコンエッグなどを食しました。この湯布院のパン屋さん、むちゃ美味しかったよ!こちらね。

http://www.mapple.net/spots/G04400055104.htm

すごい有名な店みたいで、湯布院でパン屋といえばここ!ってなぐらい。ブログに書かれてる人も多いです。ので、ぽっちりは割愛(笑) 写真もとってたけど、アップなし。他の方のをご参考に~

ともあれ美味しい朝食のあとは、阿蘇にむけてレッツゴー!!

やまなみハイウェイを抜けてくじゅうから阿蘇へ。大分県から熊本県へ。やまなみハイウェイはあいにくの曇り空で、絶景!という感じではなかったのが残念。でも素敵な道ではありましたが。阿蘇におりたってまずしたのが、阿蘇神社の近くにあるスーパーでの買出し。ネットで調べたら、とりあえずこの阿蘇神社の近くのスーパーが記事にされていたので、確実にキャンプ2日目の食材をゲットすべく、わざわざ立ち寄りました~

f0114184_10194415.jpg


由緒正しい神社の阿蘇神社。でも、正直、京都と奈良の寺社仏閣を日常的にみているご両親さま、およびぽっちり夫婦にとっては、普通の神社です(笑) ぽっちり夫婦がこの神社近くのスーパーでお買い物のあいだに、ご両親様は子供たちにおみくじをねだられ、おみくじをさせてくださってました。ありがたや~(笑) 

で、小休憩&所用をこなし、むかったは阿蘇山。阿蘇パノラマラインをとおり、牛さんの放牧風景を楽しみながら、見たかった米塚も発見!

f0114184_10225415.jpg


新緑のシーズンなら、本当に美しい緑色の米塚だったでしょうけど、11月なもんで、枯れ草色でした(笑)

f0114184_10235164.jpg


そして、いよいよ、ハイライト!?阿蘇の草千里~♪♪

草千里で馬にのるのが夢だったの♪♪ ご両親様のご配慮のおかげで、ぽっちりファミリーは全員馬にのって20分ほどの乗馬を楽しむことが出来まして・・・えっ?それが目的だったのでは?って? いやいやいや~そんなことはありませんよ~(笑) でも、実際、若いファミリー全員が乗馬を楽しむには、とってもお高い値段です。阿蘇の草千里の乗馬(笑)

f0114184_10254666.jpg


長男は小学生なんで、ひとりで乗馬。ぽっちり&あーちゃん、パパ&けいじりんと3頭の馬で草千里をぽくぽくと♪♪

f0114184_10263220.jpg


息子の乗馬姿、りりしくて惚れましたわ~♪ でも、乗馬を日常化させる資金力のない私たち。乗馬クラブに入りたいといわれても、それは無理。あきらめておくれ~(本当はあーちゃんに頼まれたが、丁重に「無理です!」とお断りしました~)

f0114184_10274926.jpg


ちなみに草千里の前のレストランなんていう、ベタなところで昼食。一応熊本名物の「太平燕(たいぴーえん)」というちゃんぽんの麺がハルサメ、みたいなやつを食しました。熊本市内では、味を競い合って、美味しい太平燕を出しているのでしょうけど、なんせ殿様商売の草千里前のレストラン。普通に美味しいと思ったけど、これで太平燕を語るなかれ!と愛好家からコメントが入りそうなので、詳しくは何も言いますまい。 ってか、ちゃんぽんの麺がハルサメ。 これが純粋な感想(笑)

草千里は本当に雄大で、乗馬の後も、真ん中の丘のあたりを散策しましたが、すごい気持ちよかった。ジョギング初心者ぽっちりだけど、あそこならトレイルラン(自然のなかをジョギング)したい!と思えるぐらい。実際、長男と競争して、ちょいと丘のあたりをトレイルランしたよ~♪

この日は火山ガスの状態がよかったので、阿蘇の噴火口ちかくまでいけました~。日によっては、立ち入り禁止になるときもあるらしい。

f0114184_10323474.jpg


もうもうと白煙があがり、風のむきでたまに噴火口の美しいエメラルドグリーンの部分が見えるの。荒涼とした噴火口周辺を散策できて、満足でございました~

そして、向かったは本日の宿泊先、奥阿蘇キャンプ場。ちなみに奥阿蘇キャンプ場は、阿蘇よりも高千穂に近い?と思われるぐらい、宮崎県高千穂に近い場所にあります。だから選んだのもあるんだけど、高森町という阿蘇山の南の集落に、大きなショッピングセンターやドラッグストアなどなどがあるので、あせって阿蘇神社の近くで買い物しなくてもよかった(笑) 阿蘇の後、高千穂、奥阿蘇に行く予定のかたがたはご参考に。高森町には、温泉浴場もいいところありましたよ~

ともあれ、到着した奥阿蘇キャンプ場のバンガロー。こんな感じ

f0114184_10444068.jpg


個人経営のキャンプ場らしく、管理人さんは、道路向いの奥阿蘇物産店でも仕事されているのか、用事があれば携帯に電話してください~との張り紙(笑) 呼べば、すぐに来て下さります。

くじゅうやまなみキャンプ村に比べると、少し古びてたかな?いや建物じたいはけっこう新しいんだけど。中の設備はけっこうよかったよ~。

f0114184_1047642.jpg


キッチンには冷蔵庫、炊飯器、コンロなどひととおりそろってます。

f0114184_10472956.jpg


和室と~

f0114184_1047445.jpg


ロフトにそれぞれ布団がしけます。広いのは広い。広いところを借りたから。狭くて値段が安いバンガローもあります。ただ、ここ、上掛け布団がシュラフと毛布なの。これがご両親様にはちょいと申し訳なかった(笑) 一応、文句ひとつ言わずに寝てくださりましたが。たまにあるんだよね、上掛けや敷布団がシュラフっていうコテージやバンガロー。それでも、「寝具あり」とは表記されてしまうの。イメージ的には寝具つきだと、布団なんですが。

でも、手作り風のこのキャンプ場。オーナーの趣味なのか、丸太と板を組み合わせて、いすとテーブルができたり、なかなか面白かったよ。

f0114184_1050466.jpg


丸太の上に板をわたせば簡易テーブルのできあがり~。この日のメニューはダッチで作るチキンライス。よく作っている、冷凍ピラフの上に、下味をつけたチキンをおいてダッチで焼くあれですわ。ちょいとチキンの火どおりが悪かったので、もう一回炭の上で焼いたりもしました♪

f0114184_10523018.jpg


私の念願だった?焚き火の前でだんなとご両親様を語らせることにも成功し・・・・・やっぱね~外食やうち飯でできない風情ってこれだと思うの。寒い中、焚き火台の前で、普段はゆっくり話せない、親子で語り合う・・・・ちなみにぽっちりは洗い物してたんだけど。たぶん何気ない話なんだろうけど、ゆっくり語り合えたかな?
[PR]
by pukapuyajiri | 2008-11-24 10:54 | キャンプ・旅行
<< くじゅう、阿蘇、高千穂キャンプ... くじゅう、阿蘇、高千穂キャンプ... >>