人気ブログランキング |

2007年 01月 19日 ( 2 )

胚芽パン

f0114184_0573010.jpg


久々に焼いた胚芽入りのパン。ひとつは食パン型で、もうひとつはチーズを巻き込んで焼きました。食パン型に入れたほうは、なんだかよくわからないけど発酵がすごく鈍くて、1時間近く発酵に時間がかかったぞ~ なんでだろ。

二次発酵はチーズパンといっしょに20分電子レンジの発酵機能で発酵。その後余熱の間は室温で・・・というやりかたで、チーズパンは30分でふんわりふくらんでオーケーだったのですが、食パン型に入れたほうはなかなか予想するとこまで生地があがってこず、えらい時間をかけて発酵させました。

焼きあがると、素晴らしく釜のびはしなかったけど、まずまずの出来。やっぱ冬は型が冷たいから発酵が鈍いのかしらねえ。ABCとかで使ってる、蒸気もわもわの発酵機にいれたら大丈夫なんだろうけど、やっぱ電子レンジの発酵機能は温度がすぐ下がっちゃうし。

f0114184_123123.jpg明日は久々にトーストにして食べよう。楽しみ~
by pukapuyajiri | 2007-01-19 01:02 | パン作り

坂の上の雲

みなさま、司馬遼太郎の書いた「坂の上の雲」をご存知でしょうか。

私が今まで読んだ、固い系列の本では、ベスト3に入ります。いわずとしれた歴史小説で、日露戦争の起こる前後の時代が背景で、松山出身の、秋山好古(よしふる)、秋山実之(さねゆき)という、二人の兄弟軍人を軸に、同郷の幼馴染である正岡子規なども出てくる、長編歴史小説。当然、実在の人物が主人公です。大学生の時にこれを読んだときは、息子がうまれたら好古か、実之とつけようかと考えたぐらい、名将のふたりです。

この小説がドラマ化されるという話は、数年前から知っておりました。NHKが、版権をもつとある人から、ついに映像化する権利を勝ち取り、再来年から3年かけて放映するとか。

今日のニュースで、配役を発表しておりましたが、秋山好古役に阿部寛。実之に本木雅弘。正岡子規が香川照之。子規の妹の律に菅野美穂だそうな。

原作のイメージにぴったりですね。特に好古は、当時にしては珍しく長身で、騎馬隊の軍人でもあったので、阿部寛がさっそうと馬に乗っている様子が目に浮かぶわ。

にしても、3年ってすごいですよね。でもこれは相当原作に忠実に作ってくれるということなのでしょう。金がかかるぞ~楽しみだわ~
山崎豊子の「大地の子」も、素晴らしい出来だったし、「坂の上の雲」も期待してますよ~

今も家に当然、「坂の上の雲」はあるのですが、また暇なときに読み返さなければ・・・はっきりいって、これを読んで、愛国心が奮い立たない人はいない、というぐらい、心を揺さぶる歴史小説です。

再来年が待ち遠しいですね♪
by pukapuyajiri | 2007-01-19 00:54 | その他