人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

初めての味噌づくり♪

月曜に、友人の家に集まって、味噌作りをしてきました!

今回の味噌につかった麹は、とってもいい麹。良い麹で、つくるお味噌、そりゃあうまかろっぺ~♪おまけに社宅のママさんたちが数名ずつにわかれて、何度も作るから、大量に大豆を買い付けることもできたので、味噌の値段はすごい安い。いやいや、お味噌が熟成するときが楽しみです♪♪

で、ぽっちりは初めての味噌作りだったので、写真をとってみました

f0114184_1101992.jpg


まずは計量。麹や塩の量をはかって、塩きり麹(塩と麹をよくまぜる)をつくりました

f0114184_1111981.jpg


事前に友人がゆでてくれていた大豆、蒸した大豆を、それぞれよ~くつぶします。ゆでた大豆は白っぽい味噌に、蒸した大豆が赤い味噌になるんだとか。味噌が色づく成分がゆでると湯にでるので、白くなるんだって!へぇ~!

★いわゆる「白味噌」がこの「蒸すとゆでる」の違いだけであの味になるわけではないです。あくまで、味と見た目がかわる、ということだそうです。

詳しくはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%91%B3%E5%99%8C#.E8.B5.A4.E5.91.B3.E5.99.8C.E3.83.BB.E7.99.BD.E5.91.B3.E5.99.8C

f0114184_113260.jpg


塩きり麹とつぶした大豆をよくまぜて、こねこねしたら、ボール状にまとめます。空気が入らないようにぎゅうぎゅうまとめる感じで。

f0114184_1141273.jpg


たっぱに、赤味噌球と、白味噌球を交互にいれていくんですが、タッパの底にいれる味噌玉は、ばし~ん!とたたきつけるように入れるといいんだって。これがけっこう面白かった♪

f0114184_1164851.jpg


後はぎゅうぎゅうおしつけていって・・・

f0114184_117108.jpg


最後は、殺菌をふくめた塩を表面にまぶして、ラップをしておしまい。重石をしてふたをして、後はゆっくり熟成するのを待つだけ♪

色づくのが楽しみだな~♪♪


友人の指導の元だから簡単にできて、なおかつ、たくさんの人間がいるから楽だけど、ひとりで味噌のために大豆をむしたりゆでたりは大変だろうねえ。

でも、とっても楽しかった!来年はもっといっぱい、作ろうっと!
by pukapuyajiri | 2008-02-06 11:08 | おうちネタ

ココショコラとシュトーレン

f0114184_1252561.jpg


ようやく満足のいくレシピができました!バターも多くして、牛乳でこねることにしたんですが、何よりものポイントはアーモンドプードルをまぜたこと。アーモンドプードルを混ぜると生地がやわらかくなるので、それを狙ったんですが、狙いはどんぴしゃ!柔らかくて、チョコとココアの風味豊かなパンができました。満足じゃ~!

あとね、分割も大きめにすることに。小さくしすぎると、水分が抜けやすくてパサパサになるしね。そのあたりを色々といじったら、ふわふわのパンが出来上がり!やりぃ~!(b^ー°)

ただし・・・・レシピ完成の代償として、明日の体重計が怖い~((((;‘Д’)))ガクガクプルプル

この1ヶ月近く、夜食なんぞ一切口にしてないのに、ついに、夜中の12時に味見をしてしまった!だって、焼き時間が13分がいいのか、15分ぐらい焼くべきなのか、やっぱり確かめたかったんですもの・・・・

あ~明日は早起きして30分でもいいからウォーキングでもすっかな・・・って今から寝て果たして早起きできるのか、はなはだ疑問だけど(笑)

f0114184_129560.jpg


実はもう一個焼いてまして、こちらはシュトーレン。本当はクリスマスに食べる発酵菓子ですが、ココショコラと共に、明日(今日やん!)の生徒さんのレッスンレシピのため、今日焼きました。

ちょいと成型で実験をしたら、案の定不恰好に。でもいいのだ。
こうなったら、不恰好になるよ、ってことを教えていながら、本当にそうなるのか試したことなかったんだから。負け惜しみじゃないよ~(笑)

f0114184_131741.jpg


ABCのレシピをちょいといじくって、中にいれるのはラム酒漬けレーズン、オレンジピール、スライスアーモンド、くるみと具沢山のこのパン。卵も砂糖もバターもたっぷりと入ったまさに「お菓子なパン」です。

こちらは味見はせず。こんなの夜に食べたらやばすぎ~


さあ、さっさと寝て、明日に備えよう!そして、あわよくば早起きを・・・・できるかしら・・・
by pukapuyajiri | 2008-02-05 01:32 | パン作り

篤姫とジョン万次郎

http://www3.nhk.or.jp/taiga/topics/pickup03/index.html

ふだん大河ドラマはあまり見ないのですが(しっかりと見てるのは利家とまつぐらい。小さいときはいっぱい見てたけど)今期の篤姫はばっちり見てます。

瑛太くん演じる肝付尚五郎(きもつき・なおごろう)の昨日の演技、よかったな~。ふだんは下がり眉の、ちょっとなよなよしたおぼっちゃんだったのに、篤姫を嫁にほしい!と気迫あふれるシーンは、もう体がうずうずしちゃった!

そして、ジョン万次郎は勝地くんじゃ~!

鋭い眼光、明瞭なせりふまわし・・・ほんにええ役者さんじゃのぉ~若いのに♪♪
坂本竜馬は玉木宏くんだし、今年は篤姫からも目が離せない~

あっ、宮崎あおいちゃんも当然、可愛くて元気な篤姫(今はまだ於一(おかつ))を好演してます。来週も楽しみ~
by pukapuyajiri | 2008-02-04 10:15 | ドラマ・映画・舞台

リチャード3世

http://homepage2.nifty.com/aun-company/

@koさんの情報により、吉田鋼太郎さん、横田さんの出演する劇団AUNの公演の、チケット先行予約が始まることがわかりました。地方に住むぽっちりはたぶん無理だろうけど(見に行きたい~!!!)お近くの方はいかが?っていうか、まじで見に行きたい・・でもなあ。3月には身毒丸も埼玉までに見に行くし・・・・やっぱり主婦の勘定から行くと無理だよね。。。。。
by pukapuyajiri | 2008-02-03 10:43 | 小栗旬

+act を読んで。

f0114184_10161069.jpg


今、旬くんファンブログでも話題の+actの記事、田舎にすんでるぽっちりは、近所の書店でこの雑誌がおいてないので、今日までお預けかと思いきや、ちぃさんのところで読めることが発覚!ようやく皆さんの話題についていけることに。まあ今日は大手の書店にいけるの、現物を手に入れてきますが♪

ちぃさんありがとう!

http://blogs.yahoo.co.jp/sohappy_syun1226/archive/2008/01/30


で、読んだ感想なんですが、心にぐっとくる記事でしたが、なんというか、巷で言われるほどのショックを受けたわけでもなかったんですね。例によって、わたし、感受性がにぶいのかもしれないんですが。

なんというか、この1年間旬くんのファンをやってきて、結局のところ彼はいつもこういう物言いだし、こういう考え。とんがっていて、無駄に素直で不器用で、役者という仕事について真剣に純粋に向き合っている。25歳(出会ったときは24歳)の現代の若者でこんなに整った容姿をもっている旬くんが、「役者」というものに対して、熱い考えをもっていて、しかもその考えをオブラートに包まず、刺激的にしゃべってしまう。こんなスパイシーな魅力にとりつかれてこの1年間ファンをやってきたわけだし。


今回の記事が刺激的だったのは、「情熱大陸」のときにも感じたことだけど、彼が現在の自分のすさまじい人気にとまどい、むしろ迷惑に思っている。その状況、感情が、舞台「カリギュラ」とシンクロしていたがゆえに、役作りをしなくてもカリギュラの気持ちがわかるほどだった。

これがファンにとっては、なかなか痛い言葉だったのかもしれない。

そして、スタオベに対しての感じ方も書いてましたが・・・・

これを読んで、「じゃあ、ファンの私らがどうしたら、旬くんは満足してくれるんだ!?」というとまどいを感じたファンのかたがたも多いんでしょう。


で、私の考えですが、スタオベについては旬くんと同意見です。スタンディングオーベーションは、その鑑賞している芸術なりスポーツに、心から感動し、拍手だけでは物足りない、とてつもない高揚感、感激を演じ手に伝えるために、自分ではおさえきれない衝動で立ち上がり、拍手する!ってなときに使うべきだと思うから、

「まわりが立ってるから、私も立とう!」とか
「今日の演技はつまらなかったし、居眠りしちゃったけど、旬くん大好きだからスタオベ!」

とかは、そりゃあまあ違うだろ、とは思います。


ただね、小栗旬もあの木俣さんのインタビューのときにはわかっていなかったこともあると思うんです。

それは、毎日舞台で、役を演じて、真剣にその舞台舞台で演技を向上させようとさせている旬くんたち役者さんや舞台の裏方さんと違って、私たち観客は、限られた回数しか芝居をみれないってこと。

あの劇場の、あの空間に足を運ぶために、死に物狂いでチケットをとり、抽選があたれば狂喜乱舞し、はずれば落胆し、チケ流をながめ、ヤフオクをチェックし、譲渡交換掲示板を日々眺め、なんとかとった大切な大切なたった1回の1枚のチケット、これを握り締めて、多額の交通費をはらって劇場にいき、「カリギュラ」を見た。こんな人も多いでしょう。

もしかしたら、難しくて理解し切れなかったかもしれない、やっぱり「小栗旬の生を見た!」という感激が、芝居の中身より大きかったかもしれない。それでも、「生の小栗旬を、やっとこの劇場で見れた!」という感動でスタオベをしたからって、別に誰にせめられるわけでもないし、それは悪いことでないと私は思います。

たとえ旬くんが「あ~今日のは俺としてはイマイチだったかも・・・」と思っていたとしても、そういう違いはわからない。ただ、与えられたその3時間で、自分が感じたもの、その感情によって、衝撃のため動けないかもしれないし、スタオベするかもしれないし、反応はいろいろだと思うんですね。だからそれは、旬君に文句を言われる筋合いの話ではないわけです。


そういう意味で、彼が言っていた「観客がスタオベしても、しなくても腹がたつ」というのは、まさに彼特有のとんがった刺激的な発言だと思います。でもね、あんたそりゃあ、違うでしょ!観客あっての芝居、ファンあっての芸能人なんだから、その観客やファンをないがしろにする発言しちゃあいけないし、そんなインタビュー載せんなよな~ライターも編集局も。

ってのも違うと思うんだな~


まさに彼の言うとおり

「俺が自分の言いたいこと言って、何が悪いの?」

だと思うんですね。この発言で、「ファンを大切にしない旬くんは嫌い!私の王子様じゃない!」といって嫌いになっちゃう人もいるのかもしれないけど、それはそれでいいんじゃないかと。だって、彼のこの1年の行動、言動をみて、彼は本当に今、こういう考えだっていうのは、よ~くわかってるし(笑)


そして彼もきっともう少し状況が変わって、彼自身も大人になってきたら考えも変わってくると思うんですね。やっぱり観客がいるからこそ役者の演技の意味があると。

観客というのは、ジャッジ、審判員であると思うんですね。

たとえば私の好きなフィギュアスケートの試合ですが、審判員とは別に観客がいます。選手のおこなった演技に対して、点数をつけれるのは審判員のみ。当然、自分の思った感情や、見立てとはまた違う点数がはじきだされます。ここに時々違和感が生じるわけですが。
そしてその点数に対して、オリンピックでも、金銀銅の色が違ってくる。水泳や陸上などのに、mm単位、0.01秒単位で違ってくるメダルの色にくらべて、審判員の感情で点数が非常に左右されるスポーツです。

観客の反応もそりゃあ点数に反映させてほしいけど、それはもう、スポーツである以上仕方ない。審判員のジャッジがすべてです。なるべく審判員の個人の好みや感情が入らぬように、いろいろと工夫されてます。個人の感性にゆだねられる芸術点以外の技術点は、技に対して、何点、何点、という感じで。

それにたいして、バレエ、オペラ、ミュージカル、舞台、音楽のコンサート、こういったものは、スポーツのような審判員がいない。点数もでない。メダルの色も出ない。(賞はあるけど)舞台の批評家や、ライターやマスコミの記者も入ってるけど、基本的には観客がその日の舞台の出来の審判員。観客の反応で、演じ手たちは、自分たちの今日の出来を審判される。

その審判が、
「自分へのひいきの人間で固まっていて、ちゃんとした審判がなされているかどうかわからない」
というのが旬くんの苛立ちの状態なんでしょう。中東の笛によって守られたクウェートのハンドボールの選手状態になるのを恐れてるんでしょうね。

でもね、確かに今の状態は彼にとってもファンにとっても異常なぐらい加熱した状態なのかもしれないけど、やっぱり観客がたくさん入って、その舞台がより多くの人に見てもらえること、ってすばらしいことだと思うんです。日本対韓国のハンドボールの選手たちは、いつもガラガラの観客席のなか試合をしていた。そして今回の騒動で、初めて、満員の観客がから、惜しみない声援の声が鳴り響くなか、試合ができた。それを選手たちはとても幸せに思っていて、自分たちの力になったと言っている。そして今回たまたま話題だからと、日本と韓国の試合を見て、「ハンドボールってこんなに面白いもんだったんだ!これからも見に行こう!」って思った人はたくさんいるはず。

同様に、生の小栗旬をみたさに劇場に足を運んで「舞台ってこんなに面白かったんだ!これからも機会があれば、旬くんがでてなくても舞台を芝居を見に行こう!」って思った人は数え切れないはず(わたしもその一人)


今は、こういう観客の気持ち・・というものに少しひねた考えをもっている旬くんも、そのうち、変わってくるんじゃないかなあと思います。いいじゃないですか、若くて青くて。24歳で蜷川幸雄ノタイトルロールのカリギュラという大役をやったんだもの。それだけ役にのめりこんで、この世の在り方を呪い、鬱屈した自分の気持ちを毒に混ぜて世間に撒き散らす。純粋で素敵だなあ~


でも、なんなんでしょう、この私の彼へのセゾニアのような愛は(笑) 彼がこんなとんがったこと言ってても、ぜんぜん気にならない。むしろどんどん好きになっていく(笑)


だいたい、始まりがそうだもん。花沢類で見た目と役柄が気になって、ドラマが終わったあとに「小栗旬」って男の子について、もっと知りたい!って思って、書店のバックナンバーのアクチュールや+アクトをむさぼるように読んで、その結果

「若くてかっこいいのに、芝居、役者ってものに、本当に真剣に、不器用なぐらい純粋に取り組んでるな~」

ってとこに、感銘をうけてどんどんファンになっていったんだから。もちろん、見た目が(特にスタイル♪)好き~!ってのも大きいのは大きいんですが。


とまあ、ぽっちりが感じたことはこんな感じ。彼がちょっとやそっと、問題発言したからって

「ああ、そんなことはもうどうでもいいの」 by セゾニア


ってな感じでしょうか。今後の役者「小栗旬」の成長が楽しみです。
相変わらずまとまりのない、思いつくままの駄文長文の羅列、失礼しました~
by pukapuyajiri | 2008-02-03 10:00 | 小栗旬

あ~あ、やっちゃった・・

f0114184_21194351.jpg


今日は、子供がスイミングにパパと行ってる間に、1時間半ウォーキングしまくってやろうと思ってたのに、あいにくの雨。せっかくなので、パン作り、それも2種類作りました~。

ひとつは、ずっと謝礼がわりのパンを送る送ると言いながら、年も越して2月まで持ち越してしまった、れみりんさんへの「イタリアン・パン・ドミ」。生地の中には、ガーリック、バジル、オリーブオイルが入り、さらにはベーコンと粉チーズを巻き込むという、まさに「イタリアのパン!」です。

成型は今まで一番!ってなぐらいうまくいったのに・・・・

上部が焦げてしまった~!

普通のオーブンじゃなくて、サンヨーの超小型電気オーブンで焼いたんですが、このオーブン、小さくて安い割りに、けっこういい働きをするんだけど、上に釜伸びするパンは焦げやすくなっちゃうんですよね。でも、今までに何度もこのレシピをこのオーブンで焼いてるけど、こんなに焦げちゃったのは初めて・・・・・

f0114184_212398.jpg


いっそ焼きなおそうかと思ったけど、メールで、今日送るから明日にはつく!って宣言しただけに、こげを落とせばたぶん美味しいだろうと、上をガリガリ削って、送っちゃいました(笑)
見るからに削られた風のイタリアンパンドミちゃん。お肌がさがさになっちゃった(笑)

れみりんさん、もし、中もカリカリのパサパサだったら、遠慮なくいってね~!また違うのをお送りしますんで・・・ただし、また何ヶ月も待ってもらうことになったりして・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


ともあれ、私の見立てでは、焦げさえ落とせば美味しいかと思ったのですが・・・なんで人へのプレゼント!って思って焼くと失敗しちゃうのかしら・・・クスン(>_<。)


f0114184_2127522.jpg


で、もう一種類焼いたのが「ココショコラ」。ココア生地の中にさらにチョコを混ぜいれて、チョコ~!なお味。成型が簡単で面白い上、大人だと一口か二口でぱくっと食べれちゃう感じの小さいチョコパンです。

f0114184_21285313.jpg


で、こちらの写真の手前にあるように、粉砂糖をまぶして食べるんですが、ABCのレシピにちょいと不満があって、違うレシピを探して試したんですが・・


作ってる途中で、ココアがちょいと足りないことに気づいた・・・((((;‘Д’)))ガクガクプルプル

ココアが足りないということは、水代わりの牛乳をレシピどおりいれると、多すぎるということになるし、結局レシピを逸脱して、適当に作ったんですが・・・

う~ん、 納得できん!な出来になりました。

味はいいんですよ。実際、味にうるさくない、子供たちは「チョコパンおいし~♪」とパクパク食べてたし。

でもね、ぽっちりとしては、やっぱりなんか目の詰まったようなこの食感が気になるの。小さく分割する分、どうしても表面から水分が逃げやすい。そこで「サクサク」になればいいんだけど、なんとなくぱさついたような感じが気に食わない。

というわけで、もうちょっとレシピを改善すべく、今日もいろんなレシピ本とネットで良さげなレシピを探して、また明日にでも試したいと思います。

あ~フランスパンもまだだし、米粉パンもまだだし、課題がいっぱい!なのに、減量大作戦中のわたし・・・・つらいとこですわ。

でもね、旬くんのワンピ、届いたんです!

f0114184_21373880.jpg


で、着てみたら・・・・

実はこのワンピ、背中にチャックじゃなくて、わき腹あたりのサイドにチャックがあるんですね。だから、上からかぶったら、とりあえず入るのは入ったんだけど・・・

脇は当然のようにまったくあがらず、ヒップがでかいため、身丈が短くなって、むっちゃひざ上になる感じ。こりゃあ私の予想通りかなり痩せないとだめだろうなと。

ただ、私、下半身に比べて上半身のほうが格段に痩せやすいんで、それがまだ救いだな~。今でも一応、むちゃかっこ悪いけど、ヒップのあたりは入るんで。-20キロまでしなくても、マイナス15キロぐらいで、わりと可愛く着こなせるかも!?

ぽっちり頑張ります~!

にしても、こんなラブリーな短いワンピ・・・まあ痩せれば足を出してもいけるんかもしれないけど、こっぱずかし~(;´Д`)ハゥ~

ふくらはぎのみならず、ひざの辺りも痩せるように、一生懸命リンパマッサージしないと、チャックがあがるようになっても、皆さんにご披露できるかどうかわかんないかも。

夏までに肉体改造、気合入れてやります~!
by pukapuyajiri | 2008-02-02 21:43 | パン作り

米粉パンに挑戦中

f0114184_10224326.jpg


最近少しパンを焼く頻度を減らしてます。というのも、第一は、減量中なので、あまり自分の食欲にスイッチを入れそうな、美味しい~においを家に充満させたくないってこと。

第二は、パン教室で教えることにだいぶ慣れてきたので、いちいち生徒さんのレッスンレシピを事前に練習しなくても、自分の中で不安がなくなってきたこと。なので、家で食べるだけ・・と思えば、別に毎朝絶対にパンにせずとも、ご飯を朝食に出せばいいので、前はほぼ毎日焼いていたのを週に2,3度ぐらいの頻度になってます。

とはいえ、またもや生徒さんから課題を出されましたので、そちらの研究はせざるをえない。

それは、「米粉パンの美味しいレシピを教えてください」というものなのです

f0114184_1026765.jpg


実は前から興味はあって、家にも製菓用米粉「リ・ファリーヌ」というものがあるので、3回ほど焼きました。米粉といってもお米を小麦粉と同じぐらいに細かくしたものだけど、食パンにすると、しっとりキメ細やか、もっちりした食感になります。

f0114184_10274851.jpg


例によってクックパッドで検索したりして、山食、角食、1斤、1.5斤と、いろいろ焼いてますが、いろいろ食べてるうちに、どれがいいのかもよく分からなくなってきた(笑)だいたい、その生徒さんが「美味しい!」と感動した食パンを食べてないので、どのレシピがいいとか分からない~


というわけで、今日にでもメールして、実物を食べてから、また米粉食パンの研究をすすめようかと。

減量をいいわけに、ここ数日パン作りをさぼってたけど、来週には、ちょいとレシピの変更をしたいパンがあるから、そろそろ焼かないとな~。でも、チョコがたっぷり入るこのパンを練習して、味見して、食欲が舞い戻ってこないかが不安~

心を強く持って、旬くんの顔を思い浮かべながら、パン作りと、大幅減量を達成したいと思ってマース。
by pukapuyajiri | 2008-02-01 10:31 | パン作り